アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

ENEROID(エネロイド) 自動で充電し電池を管理する救世主マシンが登場

ENEROID(エネロイド)という適当に充電電池を入れるだけで、電池のプラスマイナスの向きなどを自動で修正し、充電を行い、充電が終わったら充電完了のボックスに入るという画期的なシステムを搭載した充電&管理ロボットをケンコー・トキナーが8/3日に発売!

入れとけば、勝手に溜める、エネロイド

5・7・5風にまとめてみましたが、簡単にいえばそういう便利ガジェットです

エネロイド

この機構図を見れば利点がはっきりわかる簡単4ステップ

  1. 電池を投入する
  2. 自動的に向きを揃える
  3. 充電する
  4. 充電完了したら下の引き出しに貯まる
これね、・・地味にうれしいのが、下のボックスにたまる=充電完了ってわかりやすい事

実際の話、電池って収まる所(普段レギュラーで利用してるもの)があれば、サイクルするだけですが、普段使わない(ストック)の場合、置き場所でごちゃまぜになってしまった時、あれ?これって・・充電してるっけ?(;´・ω・)と土壇場で使用済みの充電池と間違ってチョイスしてしまう事があるんですよ

だけど、このエネロイドなら、下の引き出しに入ってるという事は、充電完了して満タンになっているのですぐに使えるストックと確定しているから間違う事がないんですよ!おまけに、そのまま使用可能な充電池の収納場所、専用の置き場所にもなる訳ですね

で、使い終わったら、また上から投入しておくと使える状態で倉庫に貯まる
なんて簡単な充電&電池管理


私はドローンの送信機や定点観察カメラに単3、単4電池を結構使うため、頻繁に充電するのですが、別に急ぎではないですよね(;´・ω・)だから、いちいち充電器のコンセントを充電終わったらまた差し替えて・・とか非常にめんどくさい・・えぇ、もう一度いいます 非常にめんどくさい(笑)

その点このエネロイドは一度に20本(4本セット×5台分)まで充電スタインバイしておくことができるので、一晩放置すれば翌朝にはもう20本が全部充電完了してるっていうね

だから買います( ̄▽ ̄)ノ 充電池界の革命的未来ガジェットです

スペックと機能

  • 大量にいれても4本ずつ充電する
  • 適当に入れても向きを調整してくれる
  • 急速充電や電池リフレッシュ機能も搭載
4本あたり約2時間ほど(2400~2500mAhの大容量で)
対応電池:ニッケル水素・ニッカド電池・(単4は付属ケースにつけて投入

このエネロイドを開発したケンコー・トキナーって会社はどんな会社なんだろう?と公式を見に行ったら、カメラ関連の機材を扱ってる会社だったので、なるほど動力の電池用に開発したんだろうなって納得

なので、このエネロイドは即買いします。専用の電池が必要のか、既存の充電池(エネループに限らずamazon等)でも大丈夫なのか、わかりませんが、どっちにしろ、エネロイドで使える電池が判明しだい、それで統一していこうかな( ̄▽ ̄)

充電式電池はどれがいい?安物買いの銭失いのお話

充電式電池はどれがいい?安物買いの銭失いのお話

長時間撮影する定点観察機器を使ってわかった電池の真実・・。安いからとまとめ買いした電池では持ちが悪い?アルカリ・ニッケル・リチウムイオンの用途の違いなど詳しく調べてみた…

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
trigger trigger