アフィリエイトツールで生活満足

アフィリエイトツールをネットビジネスに実践活用!

EagleEye WEB上の重複テキストを瞬時に見抜くツール

記事を外注した際に、コピペされてないか確認したい方、勝手に記事が引用されてないか不安な方。お待たせしました!最強の記事コピペチェックツール「EagleEye」の登場です

わしの目

記事外注者の不安を解消


ネットビジネスで大きく収入を伸ばすきっかけになるのが
報酬を支払って記事を依頼して作業量を増やす方法ですが・・

いつも依頼者には納品時に不安が付きまといます

使える記事かどうかを判断したい


お金を払ってオリジナルの記事の作成を依頼をしてるのに
すでにインターネット上にある他人が書いた情報をコピペして

適当に張り合わせたような文章だったら困る・・


記事を外注する場合の用途は色々あります

関連広告を掲載するためのアドセンス用記事

サイト更新用の特定のジャンルの専門記事

メールコンテンツとして販売用の記事



本当ならば、納品された記事をそのまま使えればいいのですが・・
本当にそのまま利用しても安全なのか?

これを確認するまでは、安全と言えません


では、どうするか?

もちろん、納品された記事を確認する必要があります・・が
現実問題、それを実行するとなると・・「とてつもない労力と時間」がかかります


だから「ま、いっか」と軽く考えて、そのまま利用した結果がこれ・・

記事コピペチェック結果

これはとある記事サービスで購入した記事をチェックしたもの

「一人一人のオリジナルライターが書いてるので完全なオリジナルの記事です!」

この言葉が文字どおり「真っ赤なウソ」だったと確認できました

記事 重複部分

購入した記事がWEB上に重複している時点で
リライト必須のコピーコンテンツ確定です


最近はテキスト収集ツールやランダムリライトツールなど
記事納品するライターにとっては楽できる環境が増えています


そんなバレなきゃいいの理屈を、遥か上空から獲物を狙うように
WEB上の隅々の重複テキストを見抜く鷲の目

イーグルアイ(EagleEye)機能解説


納品時の不安を安心に変える


ライターがWEB上から適当にコピペしないだろうか?

WEB上のコピペ禁止についてライターに事前に教育を施す


コピペされたかどうか、どうやって調べる?

イーグルアイでWEB上から重複箇所のチェックができる


そもそもコピペしただろ!なんてどう伝える?

チェック結果を出力し、重複箇所の修正を指示する



使えるライターは最初から有能なのではなく
叱咤激励で「育てる」から「生まれる」ものですからね


さて・・こんな機能なイーグルアイですが、普通に考えれば

記事外注を考える人しか必要ないツール

全然アフィリエイト作業に使えないんじゃないかと思いますよね


要は「発想の転換」が重要です

道具には生まれた理由と目的があったとしても
使い方を決めるのは「ユーザー」です

これらの機能を持ったツールをどのように活用するか?
記事を外注しない私にとって、最前線で活用するまったく別の考え方

EagleEye活用のための「15のアドバイス+α」にまとめました

イーグルアイ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
trigger trigger