アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

モンスターハンターワールドの魅力

オープンワールドのモンスターハンターワールドがPS4で2018年にPS4、Xbox one.PCで発売決定!PVから情報を読み取って考察してみよう


オープンワールドのモンスターハンターワールド


かつて、これほどまでにワクワクしたモンスターハンターシリーズの発表があっただろうか?誰もが次はナンバリングのMH5だろうと思っていた予想を良い意味で裏切ったオープンワールドのMHWをPVからチェック!

ポイント1:キャラクターモーションが滑らか

過去モンハンシリーズでもオープニングムービーなどではかなり滑らかだったものの、ゲームプレイ中の質感は結構雑だったが、今作を見る限り、ハンターの攻撃モーションからモンスターの体の動きまでかなり滑らかで生々しいリアル差を感じられる

モンスターハンターワールド 表情

モンスターに追いかけられるシーンは最初、モンスター固有のムービーかと思ってけれど、関係者限定の流出映像?みたいな動画では、完全にシームレスでプレイヤー操作されていたシーン。逃げるハンターの表情がかなり細かく表現されているのがわかる

でも、こんな表情になるのはおそらくゲーム内のハンターだけじゃなく、画面を見て操作してるプレイヤーもこうなると思う。なぜなら、完全フルシームレスという事は、今までマップ移動、ぶっ飛ばされてロードされてマップが変わった時、ふと、一息ついて~回復して~、砥石で研いで~

・・と状態を万全にできないままひた走るが・・どこまでも、どこまでも追いかけてくるモンスター。・・と考えるとモンスター×モンスターの抑止力に納得(笑)

モンスター 生態系 2頭バトル

弱肉強食の食物連鎖生態系ピラミッドの最下層がハンターと判断して追いかけてくるなら、そのモンスターすらも捕食してしまうモンスターの住処へと誘導する事で、1対1対1の三つ巴の状況に持ち込む事で、ハンターはやっと次の行動をとれる

仲間を呼ぶ or 隠れてやり過ごす

モンスター同士、共食いをさせて傷ついたほうを漁夫の利頂くという、ゲームというよりリアルサバイバルアクション。フルシームレスで走り回れる=モンスターの捕獲も難しく、発見からの逃げ切りも難しい・・つまり、それほどハンターとモンスターの体力差がある可能性も否めない(;´・ω・)ワクワクとぞくぞくが押し寄せてくるぜ・・

ポイント2:水中移動ありで広がる探索範囲

モンスターハンターワールド 泳ぐ 潜る

水中はモンハン3(トライ)のみで、一部にはかなり不評なシステムだったため、一度は消えたシステムだが、オープンワールドで様々な地形を探索する楽しみを考えると、やはり水中移動を実装されているのは大きい・・と期待していたが、PVでトンネル移動のように短距離を潜っているのが全てで、残念ながら水中バトルはないとの事

ポイント3:生物のリアクションの豊富さ

モンスターハンターワールド 生物の動き

ハンターが逃げながら投げた火炎瓶?の炎に対し、ジャグラスという新種の小型生物がリアクションをしているが、炎に対し3者3様のリアクションをしている。一番直近の奴はのけぞるように、距離がある奴はハンターから目を離し、炎に対して警戒する姿勢になっている。特殊なエフェクト攻撃に対し、多種多様な反応を見れるという意味でも、生物のリアルさは過去のモンハンシリーズとは異質なほどクオリティが高い!

この理由は、ハード性能が上がったことで、モンスターハンター自体のAIを最初から見直し、1モンスターのAIの搭載量が増えた結果、リアルタイムで反応する生物のようなリアクションが可能になったかららしい!今までパターンでハメていたモンスターも、これ・・ゲームか!?(゚Д゚;)と思うような予測不能な動きをする事に期待!毎回同じモンスターであっても、毎回戦い方が違う!そんな新鮮さと狩りの緊張感を失う事がないなんて・・凄すぎない!?

ポイント4:現地調達のカモフラージュ

モンスターハンターワールド カモフラージュ

モンスターに気づかれないように近づく際に、ハンターが近くの草を掴み、上半身にかぶせるようにカモフラ―ジュしている。これによって気づかれずに最初の一撃、あるいは急所に対して致命傷を狙えると思う。

ステルスカモフラージュはスキル能力のひとつ、他にもモンスターの注意を集めるスキルなど、さまざまある模様。パーティで狩りをするとき、タンク役(盾)に必須のスキルだよね。注意をひきつけておいて、傷ついた仲間の回復時間を稼いだり、起死回生の逆転のために罠を仕掛ける準備の時間を稼いだり・・これをボイチャでやるとこんな感じになるのかな

大剣「速ぇ・・溜め切りの時間が欲しい」
ガンランス「俺が引きつける!その隙に罠を!」
太刀「合点承知!」
ヘビーボウガン「固定砲台スタンバイ完了!」

太刀「罠設置完了!こっちに連れてこい」
ガンランス「了解!」
モンスター「ギャー(罠にはまる)」

大剣溜め3、ヘビボ連射、太刀気刃切り、ガンラン龍撃砲
一同のフルボッコが始まる

連携取れれば一瞬で形勢逆転だね!(゚∀゚)アヒャ
これはパーティの連携重要(野良だと難しいが・・)

システムとしては、集会所のようなところで4人パーティを組んでスタートもできるけど、今作からはバトルの最中に救難信号で野良ハンターを呼んだり、フレンドの途中参加ができるので、野良地雷は結構注意な感じ。そうなると乙ってどうなるんだろう・・?3乙で終了はなくなるのかな?オンラインサーバーはグローバル採用で国内に限らず世界中のハンターとマッチングするらしいので・・英語コミュ障にはつらないな(;´・ω・)

ポイント5:飛び乗りシステムは健在!

モンスターハンターワールド 乗り攻撃

モンハン4から実装された乗り攻撃は使える模様。カモフラージュで気づかれないようにしつつ、乗りでマウントして転ばせるというのは重要な戦術。4人協力パーティだと乗り中の攻撃が・・と一部では不評だったが、オープンワールドでハンター一人旅となると、奇襲戦術に使えるので実装されているのはうれしい

またハンターがしがみつくポジションも背中に限らず、頭やしっぽ等、乗りながら移動して、モンスターの振り落とし攻撃を回避しつつ、一定ダメージを当てる必要があるので、単純に乗って、スタミナ使ってしがみついてればいい・・という感じではない模様

ポイント6:様々な罠システム

モンスターハンターワールド 罠

飛び乗りを受けたモンスターが、ハンターを振りほどくために木にタックルをかました瞬間に発動したつたが絡みつくような罠。これはこのマップにある自然のオブジェクトを使った罠らしく、他にもマップには罠やモンスターの注意を惹くものまで色々あるらしい事から、オープンワールドでは様々な地形を利用した従来のしびれ罠、落とし罠以外のものも多数。

公開された映像は岩を破壊して鉄砲水でリオレウスを高所から落としつつ、マップを移動させるという事もできたので、マップ上の罠をすべて発動させる→次の罠があるマップへ強制的に移動させる・・という有利にバトルをすすめられる開始ポイントへの誘導・・え?それって影牢!?(゚Д゚;)トラップ祭りや

モンスターハンターワールド 岩石落とし

このシーンではスリンガーを照射して、頭上の岩山を崩し落石を起こしている。まずはマップをとにかく探索してどこにどんな自然の罠があるか、それをチェックして回るだけでもおもしろいかもねw

ポイント7:ワイヤーアクションの実装

モンスターハンターワールド ワイヤー

倒れたモンスターに対し、ハンターがワイヤーを打ち込んで急速に距離を詰めているシーン。これを見た瞬間にこのモンハンは今までにないバトルを楽しめる!と直感(*´Д`)ハァハァ 間合いを詰めるのが難しい動きが早いモンスター相手に打ち込んだらどうなるんだろうとかワクワクは尽きない・・と妄想をしたが・・

モンスターハンターワールド ワイヤー距離

公式の発表いわく、スリンガーでのワイヤー移動は高所へショートカットなどに使うもので、多種多様なアクション性はないとの事・・(;´・ω・)残念

モンスターハンターワールド 鳥にワイヤーで空を飛ぶ

また、このシーンも実に魅力的で、飛行系のモンスターにワイヤーを打ち込んでいる。これが単純にモンスターに飛び乗り攻撃の延長で使っているのか、ずっとワイヤーをつけたまま飛行が可能なのか、ホルクなど育成系の仲間が、ついて回るだけではなく移動手段として使える可能性も出てくる!?

・・なんて妄想もしたが、ハンターが拠点移動へのショートカットムービーの一部?あるいは救難信号で休息にかけつけるときのアニメーションだった模様・・

このワイヤーは「スリンガー」というサブツールなので、武器種に依存するものではなく、すべてのハンターが使えるとの事。ワイヤーアクションのように、一定の場所にロープを繋げて移動したり、石などを詰めて飛ばすという事が可能らしい。

ポイント8:武器のエフェクトとモーションの変化


全14種の武器紹介動画を見て感じたのは、やはり過去作を圧倒的にしのぐそれぞれの武器の重厚感サウンド。大剣やハンマーの叩きつける鈍い打撃音、爆発の中に近代的な金属音が混じるヘビーボウガン、洗練され研ぎ澄まされた音に日本刀の切れ味の恐怖を感じる太刀など、とにかく一撃の効果音がとてもリアル

個人的に気になったのは以下の点

  • チャージアックスの縦切りの後の爆発
  • 大剣の貯め状態からの前方タックル
  • ハンマーの連続餅つき
  • 操虫棍の空中方向転換
  • ライトボウガンの起爆竜弾
  • ヘビーボウガンの寝ころび撃ち
  • スラッシュアックスの属性突き爆破
操虫棍なんて先端刃なので、棍じゃなくて、槍ですよ、両刃の槍(笑)しかも空中で自在に向きを変えるとか、もう虫いなくてもいいんじゃないっすか!?ってくらい攻撃バリエーションが変わっている

ライトボウガンの起爆竜弾は設置型の罠?動きまわるモンスターに対しては、先回りで仕掛けるべきなのか、前衛が張り付いている状態で、起爆させたら味方もろともなのか・・気になる所(;´・ω・)

太刀の日本刀の鞘から抜刀した時の切れ味の良さそうな音いいよね!振ってるだけでも楽しそう(当てろよw)あたった時のズブゥ、ズブゥと肉を割く音も独特

ヘビーボウガンを移動しながら撃てるという点が過去作と大きく違う所。弧を描く砲弾など、ライトボウガンとはまた違った種類の弾が豊富そうで、連射も移動しながら撃てるのも魅力。個人的にもっとも気になったのは、おそらく固定連射の構えの一種だと思うが、まるでスナイパーのように寝転んで隠れて撃つようなスタンス・・ヘビーボウガンにはまだまだ隠し弾が多そうですね(笑)

スラッシュアックスの通常の属性突きに加え、斧→剣→斧→と変則ラッシュの最後にモンスターに飛び乗って属性解放突きを打ち込み、その爆発で距離を取るという攻撃が非常に気になる

従来の武器14種類は全部使えるとの事で、一部では使いまわしでは?という考え方もあったが、同じ動きでも流れるような滑らかさ、一個ずつのモーションに合わせた効果音の違いなど、狩りの臨場感という意味でどうやら今作はすべてにおいてがパワーアップしているみたいなので楽しみですね!

ポイント9:肉焼き器のバリエーション

モンスターハンターワールド 肉焼き

携帯用肉焼き器の設置から変形までアニメーションを作り込んでいる徹底ぶりに脱帽。これは肉焼き器以外にも魚を焼くモーションだったり、もっと大がかりな肉焼き機材とかありそう。オープンワールドという事も考えると、簡易テントキットのようなキャンプ用品も充実してそう

モンスターハンターワールドへの個人的な期待

アップデートは新モンスターをワールドに放つ

モンスターは固有のAIを搭載し、ハンターの攻撃(火などの属性)に対し、特殊なリアクションをしたり、フィールド上で対峙した他モンスターと戦ったり、逃げたりなどする状態をデフォとして組み込まれているのなら、今後は公式が新しいモンスターを開発したら、ワールドに放ってアナウンスすればいいだけ

「現在、未確認のモンスターが出没中!ハンターはその目で確かめてください」ってね( ̄ー ̄)ニヤリ

そうすれば、既存のハンターは我先に!とワールドへ突入していくだろうし、集会所では、未発見のモンスターと開戦したハンターからの救難信号を今か、今かと待ちながら盛り上がる事間違いなし

育成系モンスターと移動手段

アイルーやプギー、といった身の回りの世話をしてくれるペットや相棒以外に、戦闘に参加してくれるホルクという育成モンスターもいる訳だけど、今作はオープンワールドという事で、移動手段に使えるモンスターを育成、あるいはハントして飼いならすという事も出来たらいいな~と思う。飛竜系のペット兼相棒がいれば、狩りを終えて街に帰りたいな~という時に空が見えるマップでお迎えを頼めたりとかね( ̄ー ̄)ニヤリ

2018年 PS4で モンスターハンターワールドが出る!


これだけは事実として確定したので、来年はモンハンイヤー間違いなしですね
従来のモンハンなんかとは画質、モーション比べものにならない

この妄想だけで、1年待てます(;゚∀゚)=3ハァハァ(笑)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. たーぬきーちさん!
    さゆこです^ ^

    ちなみにモンハンは以前体験版をやったんですが、
    モンスター倒したときに血が噴き出したのが気持ち悪くてやめちゃいました。

    女子にはキツい…(ー ー;)

    • さゆこさん 毎度(≧▽≦)

      血の表現ってそんなにありましたっけ?(;´・ω・)
      女子ハンターもたくさんいますよ!

      もうね、モンハンはモンスターが獰猛すぎて
      例え、流血エフェクトがあったとしても同情の余地なし!
      ハンターのほうがどんだけバッキボキやられてるねん!っていうw

      でもモンハンワールドは流血っていうよりほぼジュラシックパーク
      血の気ひく生々しいスリルのほうが勝つかもしれない(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
trigger trigger