アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

世界同時多発!6/6日検索順位変動の謎

一体何が起こったのか!?世界中がざわついた
2013年6月6日の検索順位変動の規模が大きかったサイトを検証

検索順位 下がる 上がる 6/6
毎日のように検索順位の変動をチェックしていると・・
ありえないほど急落してるサイトとありえないほど上昇してるサイト

6/6日にこの2極化が物凄く顕著に現れた

例えば、こちらのサイトは総合的にとてつもない下がりっぷり・・

検索順位下がる 6/6検索順位下がる 6/6 2検索順位下がる 6/6 3


だけど、こちらのサイトは逆に総合的に上昇してます

検索順位上がる 6/6検索順位 上がる 6/6 2検索順位 上がる 6/6 3


検索エンジンの順位変動率が何%とか曖昧な見方では
どこかで地震でもあったか?程度しかわかりませんが
具体的に、直撃を受けたサイトを特定しておくと、非常に原因を調べやすい

さて、この2つのサイトをじっくり検証していこうと思います

6/6日に順位が下がったサイトの内容


運営媒体は無料ブログで更新頻度は作成時に1日3回
運営中期に当たって1週間に1回程度を持続し総記事は約30記事

1日アクセス400pv~600pvで検索経由は100~200
6/6日以前の順位を見てもらえればわかるとおり
基本的に狙いワードで上位を突っ走ってたブログ

ニュース系のブログのため、コンテンツとなる記事量も多く(平均1000文字)
また全てオリジナルの記事のため、外部の引用要素もない

リンク要素があるとすれば、特定のサイトへリンクを供給していた点
また外部からこのブログにリンクを送ってはいないし、送られてもいない(被リンク0)


私が在籍させてもらってるりーな塾内の情報共有で知ったけど
私が利用していた無料ブログサービス以外でも同様に順位が下がる現象が起きたらしい

つまり、この事から特定の無料ブログが・・という事ではないようだ

6/6日に順位が上がったサイトの内容


運営媒体は独自ドメインのサブドメインでSIRIUSで作成したサイト
更新頻度はサイトを作成した2年ほど前は毎日更新
その後、アクセスが途絶えたため、完全放置

アクセスがきてた頃は1日に800pv~1000pv、検索経由で500~600
ただ、6/6日以前の順位を見ればわかるとおり・・
狙いワードの順位は圏外になっていたため、開店休業状態だった

商品をダイレクトに紹介するだけのサイトだったため
コンテンツとなる記事量も少なく、販売ページのコピペのような駄作


これらの元情報を元に色々と調べていこうと思う

PENGUIN2.0の疑いをチェック


時期的に一度行われたというPENGUIN2.0の影響を受け
今回の大変動が起きたのでは!?という疑いがある人は

こちらでPENGUIN2.0アップデートをチェックしてみればわかる

参考記事:ペンギン・パンダをチェックするパンギンなるものが・・

2サイトの両方をチェックしてみたが
どちらもこれにひっかかった形跡はない

リンク元のリンク元の質的な関連性


実は、Pennguinアップデートと同時期に動いていた
いくつかの見直し要素が該当したのでは!?という目線で見てみる


順位が下がった無料ブログにはそのブログ自体を支えるリンクはない
したがってこういう図式になる

例:無料ブログ(健康器具関連の記事) → 健康器具商品紹介ページ


片や順位が上がったサイトというのは

例:専門(スマートフォン) → 専門情報サイト(アプリ) → アプリページ


言葉で言えば関連性はどちらもあるといえばあるが
リンク元のドメインで語っていくと支える質が変わってくる

無料ブログ(ドメイン1)→商品ページ(ドメイン2)
専門サイト(ドメイン1)→専門情報サイト(ドメイン2)→専門アプリ(ドメイン3)

自分のサイトに対して、バックリンクの繋がりをチェックする際は
オープンサイトエクスプローラーを利用すると確認できる

参考記事:オープンサイトエクスプローラーの見方について


また、あわせて、もうひとつ懸念する要素がこちら

オーソリティサイトを上位化する動き

オーソリティの認識度向上とは?

特定の分野でのオーソリティを検知する能力を向上させ
オーソリティのあるサイトを上位に表示させるようにする

参考記事:オーソリティサイトの優遇やパンダアップデートの緩和

オーソリティとはそのドメインが持つ、信頼性を意味するもので
例えば、xsrv.jpというXサーバーのドメインは72/100 と非常に高い

またオーソリティはドメインだけじゃなく、個別のページ別に評価されるため
xsrv.jp内のサブアカウントで運営しているこのブログは
52/100とちょっと低め^^;

こういった点から2つのサイトをチェックしてみると

  • 下がった無料ブログ:30/100
  • 上がったサイト:24/100


コンテンツの違いを考えれば、無料ブログの方が高いというのはわかるけど
上がったサイトに対して、リンクを送ってるサイトのオーソリティを見てみると

  • バックリンクサイト1:41/100
  • バックリンクサイト2:30/100


どれも、上がったサイトよりも高いことがわかった

バックリンクサイト元のオーソリティは
トップページではなく、個別ページのオーソリティ

直接リンクを送ってるページの信頼性という判断ができる


もし、この考え方があってるのだとしたら

下がった無料ブログに対して、オーソリティを持つバックリンクがないのに
意図的に商品紹介ページ(類似テキスト)へリンクを送ったから?

意図的なSEO・・あるいは、商用利用が丸見えと判断されたかも

上がったサイトは、それぞれのサイトが持つオーソリティは低くても
ひとつの情報に特化した専門サイト同士
関連性のある記事情報からリンクを繋げていたことが

リンク先とリンク元の質を見直した時に評価が改善された?
という考え方もできる・・が、あくまで仮説なので信じないように(笑)

いずれにせよ、まだ3日しかたってないので
これが計画的なアルゴリズムの変更の影響なのか
それとも1次的な突発的な問題なのかわかりませんが

ひとつ確実なのは
影響をまったく受けてないサイトも多いという事

影響を受けてない・・という事は正解なのか、不正解なのかわからない
という非常に良いんだか、悪いんだかわからないですよね^^;


影響を受けたサイト影響を受けなかったサイト
こういった情報を目視で自分で確認するために

検索順位の変動チェックツールは持っておいたほうがいいですよ(^^ゞ

参考記事:必要な時に情報は現れるパート2!検索順位チェックツールGRC


ちなみにおまけとして・・順位チェックで圏外に飛んだ
無料ブログのページのインデックス状況AIロボットでチェックしてみると・・

無料ブログのページのインデックス状況


インデックスが削除されていた・・という訳ではないようです

なんらかの実験的な一時的なものであればいいんだけど
長期的に続くなると・・SEO訳わからんからこっちにシフトしていくかもな^^;


今、おもしろい実験中だしw

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんばんは、ゆーすけです。
    いつもお世話になってます。

    お、早速の検証データですね。
    うちはとりあえず大きな変動は無いのですが、
    流入系が多くなりました。全体としてはアップしてると
    思われます^^

    ただ、初パンダの時はうち影響ないぜ!と喜んでたら
    時差でがっつりやられましたからね。

    余震と同じで1ヶ月は変動し続けるかもしれませんね。


    オープンサイトエクスプローラーっていうのがあるんですか
    これしなかったです。ちょっといじってみましょう。

    • ゆーすけさん( ゚∀゚ )ノ

      私の所は落ちたのがSEOを意識してない
      外部からの被リンクなしの無料ブログだったので
      原因解明がしやすくて楽だったw

      ダメージがあったのはメインというよりも
      そこにリンクを送り込んでるリンク元ですね
      バックリンクなしはまったく影響なしw

      なんでしょね?現況を断つには根っこから!って事かな^^;
      凄く合理的な考え方ですよね

      水道をひねって流れ出てしまった水はしゃーないけど
      元栓締めちゃえば、これ以上流れ出ることはない的なw

      でも、これ見方を変えれば今の検索エンジンの評価って
      バックリンクにかなり重みを置いてるって事ですね

      リンクするならある程度きっちり育ててからやれって事でしょうね
      落ちたブログはいまだ戻らず・・もはや大陸プレートぶっ壊れて
      地殻変動しちゃってんじゃね?レベルかもしれません

      また仮に・・これがテスト的な実験だとしたら(人工地震)
      次は本番がきまっせ!?Σ(゚Д゚)ガーン

  2. By アフィリエイト初心者の助っ人@ハムカツ

    たぬきちさん

    こんばんは、ハムカツです^^

    6月6日、私のサイトはそれほど大きな
    影響は受けていなかったようです(´・ω・`)

    多少、アクセスが少なくなった気がします?

    (まだ、これからっだったりしてw)

    ペンギンとパンダとは関係ないんですね…

    てっきり記事前文で、ペンギンかな?
    なんて、思っていた矢先だったのでびっくりです^^;

    内容の薄いサイトからバックリンクを受けている
    大元のサイトにマイナスな影響を受けるんですかね?

    真相がすごく気になります(;´∀`)

    これからは、検索エンジンを使用するユーザーのことを
    一番に考えられた評価に、どんどんなっていくんでしょうね。

    「実験中のネタ」すごく気になります!
    今回のこの記事に関連のあるものでしょうか(ノ∀`)?

    楽しみにしています^^

    応援ポチッ!

    • ハムカツさん( ゚∀゚ )ノ

      大幅な変動に巻き込まれてなければ問題ないと思いますよw
      多少アクセスが減ったのは・・気のせい^^;
      直撃した所はあれから1週間近く落ちっぱなしなので・・

      PENGUINの影響を考える人は多いですよね
      タイミング的に2.0と同時期

      あらかじめ予告してたアップデートは見せ球で・・
      実はひそかに実施されたこっちが本命!?Σ(゚Д゚)

      内容の薄いバックリンクって感じでもなかったです
      サイトボリュームもそれなりにあったですし
      そのページ単位で上位化→検索からアクセスもあったので

      それまでは評価されていたけど、そこから急激に落ちたと考えると
      何かしら、『判断基準が大きく変わった』という見方もできます

      原因をひとつに特定するのは危険ですね
      地雷源を歩くように、一歩、一歩慎重に行ったほうがいいですよw

      とはいえ、記事更新するだけとかは何の問題もないと思いますけど(^^ゞ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
trigger trigger