アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

GoolRC T32 折り畳みドローン飛行レビュー

アンビリーバボーに今までにない設計モデルのGoolRC T32!プロペラが前後水平の高さじゃない!?そんなので飛ぶのか!?・・という素人の考え休むに似たり。安定した空撮のために練りに練り込まれた計算されつくした設計だった!今後の折り畳み式ドローンのベースモデルになるかもしれないその隠された性能を余す事なく動画レビュー
goolrc t32

実際に飛ばしてみた飛行動画がこちら


折りたたみタイプのトイクワッドコプターはこれで4台目となります。なのでどうしても、操作性や飛行性能を他のドローンと比べてしまうのですがね・・こいつはまた予想外すぎました。

そもそも、プロペラが前後高さが違う(゚∀゚)なんじゃそりゃ

しかし、動画を最後まで見たらその考えが180度ひっくり返ったのは言うまでもありませんね。こいつは生まれるべくして生まれた、次の時代の走り、ベースモデルとなる折り畳みドローンの設計です

根本的な問題ですが、実は折り畳みドローンでの空撮は行き詰ってました・・
  • カメラ向きを水平で固定すると、前進した時に下を向いてしまい被写体が映らない
  • カメラ向きを可変にし、上に向けると前進時は撮影できるが、後退、水平時は空しか映らない
  • カメラ向きを下に向けると前進時は地面しか映らない
根本的に折り畳みドローン、自動ホバリングタイプでは空撮に向かないのでは?と行き詰っていた所を、根本の設計から作り直しているのがこのGoolRC T32の前後でプロペラ高を変えるという革命的なデザイン!

ジャイロって水平安定させるためにあるのに・・そもそもの本体の水平を捨てるという斬新な発想
こんなん誰も予想できねーよwww(゚∀゚)あっはっは

でも、その考えは当たりで、一番カメラがブレる前進時に焦点を合わせる事で
安定した水平空撮が可能になったというね・・アンビリバボーです(笑)

トイクワッドはもう見た目で判断できねーな!(゚∀゚)ってくらい安かろう悪かろうの概念は通じない
もうちょっとランディングギアのデザインをなんとかできないものか?っていう感はあるけれどね

ワンキーリターン、フリップ、ヘッドレスモードなど、一通り基本を抑えつつ、Alutitude Holdで自動ホバリング等、撮影以外の基本的な安定飛行のための機能も抑えてるので、まさに折り畳みドローンの進化形です

しかも、国内認証済み!という太鼓判を前面に押してるのがめずらしいwドローン飛ばして大丈夫?っていう根本的な所で引っかかってる人、周りに言われたくない人にとって嬉しい「国内認証済み機体」らしいです※あんまり気にした事ないけど、気にする人は気にするみたいなので一応記載



GoolRC T32 梱包内容

画像

  • T32本体
  • 送信機
  • 説明書
  • 予備プロペラ/プロペラガード/スマートフォンホルダー
  • USB充電ケーブル/ドライバー/ランディングギア
  • 持ち運び収納袋
バッテリーは850mAhで一般的な3.7V リポ用コネクタなので、サイズさえ合えば代用が利きそうです。ただ、このね、バッテリーケースのがばがば感よ(笑)

goolrc T32 バッテリーケース スペースが開いている

コネクタ形状と厚みさえあえば、サイズはもっと大き目のタイプの1セルバッテリー使えますよこれwt出力に関しては、以前、T5W用に買った680mAh 25cのバッテリーを使ってみたけれど、ものの数分でバッテリー減少の点滅が始まったので結構なパワーロスタイプです。

容量と放電力(cの値)を上げてもいいかな~と思いきや、1フライトで各モーターは平均42℃と、排熱は良くも悪くも微妙・・。バッテリーは使用直後の温度が60℃だったので・・

なんだろう・・出力に対して、もっとパワーよこせ!→ちょ、パワーきすぎ!みたいな?(゚∀゚)アヒャ
モーターとバッテリーの放電力の供給があってないような気がしないでもないが(笑)

操作は非常に簡単です(経験者向けに言うけれど)

T32 コントローラー
  • 左上のボタンで低速/中速/高速の三段階切替
  • 右上のボタン+右レバー方向で360°フリップ
左レバーの下の十字キーにそれぞれの機能が割り振られています
  • 上:プロペラロック解除/回転
  • 下:自動離陸/自動着陸
  • 左右:旋回の微調整
スロットルを下げながら右下中央のストップボタンで緊急停止。飛行中でも回転がビタっと止まってその場で落下するので、本当意味で緊急時の操作ですね。風に流されて視界からロストしそうな状況で使うといいかも

右レバーの下のキー操作

  • 上下:前後移動の微調整
  • 左右:横移動の微調整
  • 中央:ヘッドレスモード
ヘッドレスモードボタンを3秒長押しするとワンキーリターンとして、離陸ポイントの方向へ戻ってきます。ワンキーリターンでホームに帰還中にもう一度ヘッドレスモードボタンを押すと、帰還がキャンセルされます。ただし、戻る方向から向かい風が強い場合、あらぬ方向に飛んでいくので、風だけは注意してください。最悪、見えるうちに緊急停止で落としてしまったほうが確実に回収できます(笑)

GoolRCアプリとコネクトする事でスマートフォンでの操作(一通りのコントロール)も可能になりますが、個人的にはカメラ機能やFPV映像を見る以外はコントローラーで行う事をおすすめします(安全のため)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
trigger trigger