アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

AIロボット2極アクセスアップバージョンレビュー・・

AIロボットが新しい機能をひっさげてアクセスアップ極バージョンとして登場!早速手に入れて動作させてみたのですが・・ね。で正直なレビューをしたいと思います
AIロボット2極アクセスアップバージョン

旧AIロボットとの相違点

さて、AIロボットといえば、このブログでもかなりの記事を書いて、いろんな活用ができるよ!とレビューしたきたから・・

たぬきちがべた褒めするんじゃね?と思ってるそこのあなた! (´∀`)9

うん、良いものだったらべた褒めしたかったよ・・(´・ω・`)ショボーン

本当は色々しっかりと機能のレビューを書いていきたかったんだけど・・期待してたのと違うというか・・これべた褒めしたらツールは仕事の道具です・・っていうツールアフィリエイターとしての資質を問われるレベル

前作からサイトデータの引継ぎができない・・

旧AIロボットではサイトの登録データは「.icd」という特殊なファイル形式で作成されていたんだけど、AIロボット2ではそのデータ形式での読み込みに対応してない・・。この時点で前作のツールユーザーに対する配慮がないという残念な仕様。結局、一個ずつデータを再入力していく手間が発生した・・けど、これは新規で新しく手に入れる人にとってはどうでもいい話。あくまでも乗り換え検討の人が考えるべきポイント

サイトデータの入力がCSVで一括読み込みができない

CSV一括読み込みできない

普通こういうフォーマットの場合、CSV形式でサイトデータをまとめて読み込めるもんだが・・残念ながらできない。一個ずつ入力していく必要があるのが手間・・。ブログ先とかの結果の読み込みとかは対応してるのに、どうしてここにないのか(ぶつぶつ・・)

結果、登録したいサイト数が膨大な人ほど心折れます・・

サイトの登録作業は一括で管理できても、インデックスチェックやブックマーク等の作業を行う時は、結局一個ずつサイトを選択する。でもそれなら、旧AIロボットの一個ずつデータ保存管理して、一個ずつ読み込ませているのとなんら変わりはない・・むしろ、任意のフォルダで「ブログ」「ホームページ」等とグループ分けておいたほうが瞬時に探せるのでみつけやすい

AIロボットデータ管理

動作が遅い&いちいち画面が消える

画面が消える

インデックスチェックを押すと表示されているデータが消える。そして、再度表示されるまでの時間が長い。時間がかかるのは仕方ないとして、その動作の進捗状況を表示する読み込みバーがないため、動作してるのかフリーズしてるのかわからない・・

以前のAIロボットはチェック時に画面も消えず、バックグラウンドで調査中の進捗状況やチェック総数も表示されていた。正直、これあるとないでは・・雲泥の差

進捗バー

・・今作はインターフェースの改悪としか思えない(プログラマーが変わったのか)

コメント自動登録の弊害

コメント自動登録

コメントの入力はあらかじめ用意した固定の定型文が検索してチェックしたブログに書き込まれる仕様。つまり、事前に用意した一行コメントパターンをランダムに投稿する仕様

ホームページのURLとか反応を返せないような一方的なコメントならそれもひとつの手かもしれないけれど・・やられたほうはたまったもんじゃない

自分がブログにコメントを貰う立場になって考えてみたらわかるけど、コンテンツの質にこだわるブログほどコメント承認は手動。その点から考えると、この定型句の自動コメント投稿はただのスパム

この点、旧AIロボットの場合、投稿先の検索システムは同様だが、投稿先のブログに対して、その記事の内容を確認して自分で承認されやすいコメントを書ける。しかもNF(nofollow・follow)の判別までしてくれているが・・今作にはその表示がない(検索ブログ対象を絞る事でfollow限定にしてるのかも)

コメントは使い方さえ間違えなければアクセスアップに繋がる大事なポイント
コメント欄から月300人訪れる!アクセスアップ術

中小検索エンジンの被リンクがいかがなものか?

旧AIロボットにはない、新機能として中小検索エンジン・リンク集への登録機能を搭載。これが被リンク増加の目玉機能としているが・・実際はどうか?

中小検索エンジンにもピンキリあるが、運営者の審査なしで自動で登録できる程度の中小検索エンジンはスパムの温床。確かに登録すれば被リンク数の足しにはなるだろう・・

しかし、被リンクにはマイナスもある
リンクに大切なのは質だ!

その意味はこの検証記事を読めば一発で理解できる

リンクの質

リンクの質の大切さがよくわかる比較データ

このツールのコンセプトはコンテンツが良いのは当たり前!さらにそこに被リンクがあってこそ・・と言っているが、その被リンクにもリンクの質(リンクポピュラリティ)というものがあるため、マイナスの評価のリンクも存在している

そういう意味では、無駄な被リンク
コンテンツを殺しかねない

この機能を利用するとしたら、厳選した中小検索エンジンを探し出し、そのサイト運営者の目視チェックの手動承認をクリアできるレベルのコンテンツを持ってれば、良い被リンクがつくと思う。・・今の検索エンジンは小手先のSEOが通じる昔ほど馬鹿じゃないという事を忘れてはいけない

PING送信機能のグレードダウン感・・

PING送信機能を比較してみよう。さて、どちらが最新版か?

ping送信 ping送信

実は、赤枠で囲んだ詳細な送信設定があるほうが旧AIロボットで、新バージョンでは○×の表記しかない。とりあえずPING送信も・・という投げっぱなし感があるのに対し、旧AIロボットは更新時に送信や定期的に送信(時間指定)等できるほか、送信回数、失敗回数からPING送信先ごとの成功率などの記録もできている

ユーザーの操作性を簡単にした・・という見方もできるが、大事な送信コントロール機能をごっそり抜いてる以上、これはダウングレード・・

さて・・ここまでひどいなこりゃ・・という感想だけど、それはあくまでも、半手動の入力支援機能をベースとして活用してきた人(私)のひとつの意見であって、間逆・・つまりは全自動で、出来る限り面倒な作業をしたくないという目的の人の目線もいるだろう

そこを見越してこれがワンタイムオファーで売られているのも納得

AIロボット2極完全自動バージョン

全自動

AIロボット2極を購入すると、ワンタイムオファー画面でさらに操作が簡単になったAIロボット2極完全自動バージョンというものが薦められる。利用料は月額1980円で、買いきりだとお値段10000円

これを使った場合、最初のサイトの登録だけ済ませてしまえば

  • ブックマーク自動登録
  • 中小検索エンジンの検索・自動登録
  • コメント先の自動リストアップに自動投稿
  • ping送信

これらの流れが全て全自動のぽちっとな!で完了するというツールらしい
(※私はこれは買ってないので詳細は知らない)

結局、AIロボット2極アクセスアップバージョンの良い点ってなんだ?

旧AIロボットの魅力

  • インデックスチェックができる(総ページ数/インデックス数等、動作進捗状況がわかる)
  • 個別の記事のブックマークをピンポイントで手動で簡単につけられる
  • コメント先のブログを探し、nofollow(被リンクにならない)を見抜き半自動入力投稿

今回のAIロボット2極に感じた不満

インデックスチェックはできるが・・

  • 進捗状況、チェック総数等の簡易表示がない
  • インデックスチェックのたびに画面が消える

個別の記事ブックマーク(複数)できるが・・

  • タグの指定はあらかじめ、サイトごとに登録が必要
  • ※旧AIロボットはページのMETAキーワードから自動入力

コメント先を探し投稿する機能はあるが・・

  • ブログ別にコメントを書けない(あらかじめ用意した定型文のみ)

・・あれ?いいとこなしだ・・(´・ω・`)ショボーン

自分にとって必要なインデックスチェック機能が改悪されていたのが一番大きな問題
※動作遅い&画面が一時的に消える&進捗状況がでない&チェック総数も表示されない

一応不具合(結構ある)の報告もかねていくつか改善要望を伝えたので、自動アップデートで今後改善されることを願うばかりですが・・

現状は旧AIロボットで満足してる人は必要ないです(きっぱり)

それでも全自動で楽したいという人はAIロボット2極アクセスアップバージョンについて一度販売ページをじっくり覗いてみればいいかと

公式ページ:AIロボット2極 アクセスアップバージョン

ちなみに私が今も愛用している旧AIロボットが販売停止になれば、上に書いてる半自動の便利操作ができるAIロボットは二度と手に入らない可能性もありますので・・

旧AIロボットの購入はこちら

自動ブックマーク登録や中小検索エンジン登録機能のツールだったらこっちのが性能いいです(動作も安定)。おまけに毎月貰えるSIRIUSの限定追加テンプレートまで付いてるお得なセットw

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち
このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です

上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
trigger trigger