アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

アクションカメラ専用ジンバル「Hohem iSteady Pro」の凄い所

TV撮影でおなじみのGO PROアクションカメラ等の超小型カメラをハンディカメラのように持ち運びで使える3軸ジャイロジンバル「Hohem iSteady Pro」について

アクションカメラの性能を飛躍的に伸ばすジンバルの存在

最近のアクションカメラって、16~20MP(2000万画素) 4K撮影 2軸ジャイロ機能、自動ピント調整、WDR機能などなど、安い中華カメラでもかなり手持ちで持ち歩くスマホカメラよりも性能が良くなってきてます

私も結構な数のアクションカメラを所有してます(もう10台くらいある)

所有アクションカメラ

これをプロカメラマンのようにブレない映像で撮影機材として利用するために、3軸(縦)の揺れも防げるように持ち運びができる&固定設置がハンディジンバルを使えばいい

そういう発想で、以前はこういう物を購入(実は試行錯誤の末・・)した訳です

すでにDJI OSMO MOBILEというスマートフォンスタビライザーを所有していて、それにアクションカメラを取り付けるアタッチメントつけたらどうだろうか?

という感じでやってみたはいいけれど、根本がスマートフォン用のジンバルなので、やはりアクションカメラに対する配慮というのは皆無でした

( ;∀;)おまけに・・

  1. 重量が増えるためジンバルのモーター消耗、バッテリー消費が大きくなる
  2. ジンバル+プレート+アクションカムで重量が増してる(手の負担)
  3. 撮影のためにわざわざプレートを持ち運ぶ荷物が増える
  4. アクションカメラ自体のバッテリーが長時間撮影に向かない

以上4点の理由からDJI OSMO MOBILEというスマホ用スタビライザーで、わざわざアクションカメラを取りつけて撮影するのはやめました

ただ、スマホが自由に使える状態で、映像の撮影もできるというスタイルは重要なので、手持ちのアクションカメラ専用に使えるカメラジンバルを探し始めた所

こちらの「Hohem iSteady Pro」を見つけたのでご紹介

「Hohem iSteady Pro」

アクションカメラを充電しながら利用できる?

ジンバルに入力と出力のUSBポートがあるので、もしかしたら使いながら充電ができる?(そういう見せ方をしてる動画がないのでわからん(;^ω^))

もし、充電しながら利用できるならバッテリーが少なく長時間撮影に向かないアクションカメラの弱点をカバーしてる事になるので、4000mAhのバッテリーが搭載されているジンバルから電源を供給できるならかなり便利なポイントです

なんといっても軽さとフットワーク

いくらジャイロジンバルやら動作コントロールなど高機能な要素があったとしても、手持ちのジンバル自体が重量があったら撮影が疲れてしまいます

ちなみに私が利用してたDJI OSMO MOBILE単体で500g、それにアクションカメラが約80g、固定用プレートが約80g、合計すると、約700gとまぁまぁの重さ

Hohem iSteady Pro自体の重量は、約365gなので、それにアクションカメラ80gを足した所で
約450g、その差250gってかなりでかいです(きっと持ち比べれば明らかに違いを感じるレベル)

三脚固定物撮りに便利なWIFIスマホ連携コントロール

アクションカメラのカメラの向きや角度、スムーズな動作プログラム撮影など、スマホアプリ側で遠隔コントロール撮影ができるという、アクションカメラを使うからこそスマホを自由に活かせられます

640°旋回可能でアクションカメラ自体の機能と連携できる

指定した時間、ゆっくりと旋回や上下に動く動作プログラムを実行する事で本来モーションラプス撮影ができないアクションカメラでできるようになるのは魅力的ですね

標準的なアクションカメラならどれでも対応

For GoPro Hero 6/5/4/3, for Sony RX0, for SJCAM, for YI cam and other action cameras
GoProシリーズ、もしくはGoProサイズのアクションカメラであれば取り付けて利用できます
※最新のGoPro7をつけて撮影してる人もいるので問題なし

ジンバルケースにお気に入りの一台を一緒に収納できる!

Hohem iSteady Pro ケース

これは嬉しい配慮ですね!持ち歩くジンバルに使うアクションカメラも一緒に収納できるから
間違いなく・・しまった!カメラ忘れた(゚Д゚;)←よくやる奴 というのが防止できます(笑)

撮影用アクションカメラ選びがうなる!

結構な数のアクションカメラの中から、用途別に使い分けてきたけれど、このジンバルがあればカメラにジャイロ機能がついてなくても大丈夫・・となると

ジャイロはなしだけど、1080p 60fps撮影も可能で音声集音は唯一のステレオだった・・
MUSON MC2がまさかの大活躍の予感!(;゚Д゚)あいつ復活や!

アクションカメラ用ジンバルに求める要素まとめ

  1. 充電しながら利用できる(可能性に期待)
  2. 固定三脚撮影でスマホとの連携が活かせる事
  3. スマホスタビライザーよりも気軽に使える事(軽量)

元がアクションカメラってスピード感があるアクティビティ撮影で使うものだけど、そういった用途+ブレなし安定自撮り用に転用できるというのは大きいです

スマホを固定してしまうと、何かと問題は起きますからね(メールきたり、電話きたり(笑))、その点、アクションカメラはカメラ独立で考えられて、画質もスマホよりも良いとなれば

こういったアクションカメラ専用ジンバルがあれば撮影の幅が広がっていいですね(≧▽≦)少なくとも私のようにスマホ用なのに無理矢理アクションカメラを付けるよりは1000倍マシ(笑)
結局試作機からプレート購入まで含めれば、ほとんどアクションカメラ用ジンバル買ったのと変わらん出費でした(;^ω^)

actioncam-hohem-isteady-pro

Hohem iSteady Pro 3-Axis Handheld Stabilizing Gimbal
Regular Price: JP¥19095→7782円(60% OFF)

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち
このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です

上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは。
    ブログランキングからきました。
    アクションカメラを利用しながら撮影できるのは良いですね。
    こちらの商品参考にさせていただきます。
    情報ありがとうございます。

    • ゆきぴさん いらっしゃい

      スマホだと撮影中に電話かかってきたりメールきたり問題ありますからね(;^ω^)
      アクションカメラがジンバルでプロ級ハンディカメラとして機能するならありだと思います

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
trigger trigger