アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

NintendoSwitchでBluetoothワイヤレスイヤホンを使う方法

Bluetoothに対応してないNintendo SwitchでBluetoothイヤホンが使えたら、超快適ですよね?それを可能にするBluetoothトランスミッターレシーバー「MK2」をご紹介します!

Nintendo SwitchはBluetoothに対応していない!?

スイッチはBluetooth対応していない

近年、ゲーム機以外のスマートフォンやタブレットの周辺機器ガジェットとして人気になってきたケーブルレスなワイヤレスイヤホン。これらはすべてBluetoothで無線接続できる事が最大の魅力で、携帯機との相性は抜群・・それなのに、最近発売された大人気のNintendo Switchは驚く事にBluetoothに対応してないんです(;゚Д゚)マジだよ?

※今後どうなるかわかりません

でも、そんなBluetooth機能がないガジェットに後付けでBluetooth機能を持たせる事ができるのが「Bluetoothトランスミッターレシーバー」です。実際に取り付けた写真がこちら

スイッチをワイヤレスイヤホンで聴く

まるでドローンを操縦するプロポのアンテナみたいですね。でもこの状態でワイヤレスイヤホン側でBluetoothペアリングされ音声が聴こえている状態なので、ケーブルレスで快適にゲームを楽しむ事ができます。ケーブルだらだら垂れる事もなく、音量下げて周りの人へ配慮する必要もありませんね(笑)

Bluetoothトランスミッター/レシーバーとは?

現在、スマートフォンやPC周辺機器に当たり前についているBluetoothという機能ですが、ひと昔前にはそういう無線、ワイヤレス伝送でつながるという仕組みを持った機器が少なかった訳です。

ただ、音声を出力する3.5mmイヤホンジャックというのは昔からあった機能で、その仕組みを利用して、飛ばすトランスミッター(TX)、受信するレシーバー(RX)機能を外部に接続して使えるようにするのがBluetoothトランスミッター/レシーバーです。具体的な使い方などについてわかりやすく説明しましょう

Bluetooth機能がない機器から音声をトランスミッターで飛ばす(TX)

例えば、上記のように、NintendoSwitchのイヤホンジャックに、Bluetoothトランスミッターを接続する事で、Bluetooth機能に対応しているワイヤレスイヤホンやBluetoothスピーカーなど外部機器から音を出す事ができます

Bluetooth機能がない機器に繋いでレシーバーとして音声を受け取る(RX)

Bluetooth機能があるスマホなどから、Bluetooth機能がない外部スピーカーなどで音を出したい場合に便利なのがレシーバーという仕組みです。例えば、これはスマートフォンで再生再生している音楽をBluetoothで飛ばし、Bluetoothレシーバーでその音を受け取り、そこからAVケーブルを使ってCDコンポのAUX(外部入力)に接続して音を鳴らす繋ぎの例です

Bluetoothトランスミッターレシーバー CDコンポ aux

この接続の大きなメリットは、スマートフォンという再生曲を選ぶデバイスを固定する必要がないため、ベッドに寝そべりながらでも気軽に曲を変えられるという点です。

昔はCDコンポのスピーカーとか物凄く良い音質評価だったものが、時代の流れか、今やその辺のリサイクルショップで捨て値で売られていますよね。Bluetoothとか便利な機能がついてないから・・CDやMDのブームが終わっただけで、良い音を出すというスピーカーの仕組みはぜんぜん使えるのにもったいない!(;゚Д゚)

そういう、Bluetooth機能がないアナログ音声の外部出力を求める人には使い道色々なアイテムなのでおすすめです

MUSON(ムソン) MK2 Bluetooth トランスミッター レシーバー

MUSON(ムソン)Bluetooth トランスミッター レシーバー

  • MK2本体
  • 日本語説明書
  • 3.5mmオーディオアダプター
  • 3.5mmオーディオケーブル
  • RCAステレオ変換ケーブル

aptX Low Latency、aptX コーデックに対応し、高音質低遅延によるワイヤレス通信が魅力。Bluetooth 4.1の低消費電力で、1~2時間の充電で、約10時間の再生という圧倒的なパフォーマンス力。音楽を聴くにしても、ゲームで使うにしてもこの長時間利用のスタミナは魅力的

オーディオジャック

通常、この手のBluetoothトランスミッターレシーバーでは3.5mmオーディオケーブルのみを付属してくる所、こちらのMK2にはオーディオアダプターがついてます。

これを使う事で冒頭で見せたNintendoSwitchの上にあるアンテナみたいな接続ができます。ケーブル接続だとだらんだらん動いて邪魔になりますからね(;^ω^)結構あると便利な付属品

基本的な操作方法

Bluetooth機器はどれも共通なので覚えておくといいです。電源ボタンを長押し2秒程度で電源のオン/オフ、それ以上押し続けるとペアリング待機状態になります。この状態でペアリングしたい機器側の一覧に表示されるので選択しましょう

MK2 操作方法

次にBluetoothトランスミッター/レシーバーには必ず切替ボタンがあります。

Bluetoothトランスミッターの操作方法

  • TXはトランスミッター:
    接続したデバイスの音声を外部へ飛ばす際に使います。受信機側でペアリングを行いましょう
  • RXはレシーバー:
    外部機器から飛んできたBluetoothを受け取って音を出します。

※各モード切替してから電源を長押し、あるいは、横のペアリングやり直しボタンを押すだけ

これでBluetooth機能がない昔のアナログ機材(ステレオコンポ)等でも、3.5mmジャックがあればなんでも使えるようになります。まさに古きを知り、新しきを繋ぐ!そんな素敵な便利アイテムです( ̄ー ̄)

おすすめBluetoothワイヤレスイヤホン
Bluetooth対応のケーブルレスなワイヤレスイヤホンについて色々レビューしているので参考にどうぞ

SoundPEATS  Q1000レビュー 全てを兼ね備えたイヤホン

SoundPEATS Q1000レビュー 全てを兼ね備えたイヤホン

ネックバンド型でありながら従来の耳かけイヤホン。はずした時もマグネットで落ちる事もない!ハンズフリーマイクの位置も口に近く集音性も良い!これほど利便性にたけた上に音質も良いだと!?(゚∀゚)すべてのイヤホンを投げ捨てる気持ちになった(今の所)…

SoundPEAETS Q24・Q25・Q16 スポーツイヤホン徹底比較レビュー

SoundPEAETS Q24・Q25・Q16 スポーツイヤホン徹底比較レビュー

最低限のケーブル距離のネックバンド型スポーツイヤホンのSoundPEAETS Q24・Q25の特性について実際に利用している人の口コミ・体験情報を探してる人へ性能の違い、メリット・デメリットを詳しく解説。ついでにお気に入りの完全ケーブルレスQ16も比較してみます…

収納ケースが充電器とモバイルバッテリーになる Bluetoothイヤホン MindKoo TWS-I7レビュー

収納ケースが充電器とモバイルバッテリーになる Bluetoothイヤホン MindKoo TWS-I7レビュー

片耳ずつ使える耳栓型のケーブルレスカナル式イヤホン。でも重要なのはそこじゃなくて・・イヤホンの充電器が普通のモバイルバッテリーとしても利用できる!?その発想は新しい!MindKoo TWS-I7のレビューです…

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち
このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です

上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
trigger trigger