アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

Yahooプロモーションの広告掲載基準と入稿規定が変更でどーなるの?

2014/9/30にYahooプロモーションの広告掲載基準と入稿規定が変更される際、どんな影響があるのかを考察してみる
yahooプロモーション 規約変更

Yahooプロモーション(PPC)から
広告掲載基準入稿規定の変更のお知らせが届きました

いつもはそんなに大きな影響もないと思ってましたが
今回は、広告掲載基準と入稿規定という事でがっつり目を通しました

Yahoo! JAPAN広告掲載基準の変更前と変更後


以下の内容は広告掲載基準、および入稿規定変更のお知らせから引用

第2章ユーザーの利便性のための基準


<変更前>
スポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)において、当社が認めた広告を除き、同一ページに同じ広告を重複して掲載することはできません

<変更後>
当社が認めた広告を除き、同一ページに同じ広告を重複して掲載することはできません


「スポンサードサーチ」「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」において
という文言が丸々抜けたことで、「それ以外の環境」においても
というように適応される範囲が変わったようですね

ただ、当社が認めた広告という意味では
なんらかの形で審査を通過すれば重複掲載も可能という事でしょう

第9章広告表現規制


4. OSやブラウザ機能の模倣、Yahoo! JAPANのコンテンツと混同する可能性がある表現
【第2章6.(2)(3)関連】

<変更前>
以下のようなバナー広告は掲載できません。
(1) ユーザーの誤動作を誘発する可能性のある表現、OSやウェブブラウザの機能を模倣するもの
1. アラートマーク、実際に機能しない「閉じる」「いいえ」「キャンセル」のボタン、検索窓、テキストボックス、プルダウンメニュー、ラジオボタン、チェックボックス、サブミットボタン、メニューボタンなど
2. テキストリンクを模倣したもの(青文字でない場合も含む)
(2) Yahoo! JAPANのコンテンツと混同する可能性のある表現
「NEW」マーク、「めがね」マーク、Yahoo! JAPANコンテンツ内のカラムを模したものなど

<変更後>
以下のようなバナー広告は掲載できません。
(1) ユーザーの誤動作を誘発するおそれのあるもの
1.実際に機能しない検索窓やプルダウンなど
(2) Yahoo! JAPANのコンテンツを模したもの
1.「NEW!」「カメラ」のアイコンなど
2.タイトルバーやタブを用いたカラムなど


サイトコンテンツとして設置はされていても機能しない問題が
機能不全でユーザーの利便性を損なうって事でしょうね

ある意味、審査の段階でこれを指摘してくれるのは
出稿側としてもミスに気づけるきっかけになっていいかも?

Yahooを模倣した出稿サイトのデザインを作るというのは
リンク先もyahooコンテンツだろうとユーザーに安心感を与え

誤クリックを誘発させる騙しなので論外ですね

5. ユーザーに不快感を与えるような表現【第2章6.(1)(4)(5)(6)関連】

<変更前>
以下のようなクリエイティブは掲載できません。
(1) 高速振動イメージ、点滅イメージ、単純ループなどを含むもの
原則として、点滅の間隔が0.4秒よりも短いもの、点滅/振動の継続時間が2秒を超えるもの、点滅/振動の領域がバナーの大部分を占めるもの、コントラストの強い画面の反転表示が継続するもの
(2) 人体の局部を強調した画像を使用したもの、人体のコンプレックス部分が露骨に表現されているもの
(3) 過度な肌露出があるもの、性に関する表現が露骨なもの
(4) その他ユーザーに不快感・嫌悪感を与える可能性のあるもの、著しく周りのコンテンツとなじまない表現

<変更後>
以下のようなクリエイティブは掲載できません。
(1) 高速で振動したり、点滅したり、単純な動作をするもの
(2) 人体の局部を強調した画像を使用したもの、人体のコンプレックス部分が露骨に表現されているもの
(3) 過度な肌露出があるもの、性に関する表現が露骨なもの
(4) 画質が粗いなど、周りのコンテンツと著しくなじまないもの
(5) 恐怖感や不安感を与えるおそれのあるもの

(6) その他ユーザーに不快感・嫌悪感を与えるおそれのある表現


(1)の若干の変更はGIFアニメーションとかFlashなどを指すのかも
単純なアニメーションの繰り返しとかダメって感じでしょうかね

下手すると画像のスライドアニメーションはどうなるのか心配な所(;・∀・)うーむ

この辺はバナーなどの画像コンテンツについてなので
(4)と(5)は非常に大きなポイントなる感じです


画像の荒さであれば、画質調整で何とでもなるけれど
周りのコンテンツと著しくなじまないもの・・という判断については

根本的な「コンテンツ構成」も考えなければいけない事を意味します


これって物凄く基準が曖昧ですよね

例えば、画像に対しての文章を周りのコンテンツと考えた場合
その「画像と文章との関係性」が問われるわけですから

その判断は確認する人しだいってこと

また、恐怖感や不安感を与えるという点について
画像コンテンツ内の「キャッチコピー」等も審査対象になるって事でしょう


例えば、薬事法など、文章においてかなり規制が厳しいコンテンツの場合
ある程度、画像で表現する事で基準をクリアできたことが

今度はそこも「審査の対象」となると・・ちょっと厳しいことになる

とくに美容などは肌のくすみ、シミ、そばかす などのワードは出稿NGだけど
画像バナーの一部に使ってる場合はお咎めなしだった訳で・・

もし、それが引っかかれば企業提供のバナーも使えない可能性も出てくる
味気ない画像なしの文字だけの出稿サイトが増えそうだよ(笑)

第10章 電話番号オプションを利用する際のルール


<変更前>
4. 営業時間内外にかかわらず、架電には確実に対応してください。対応ができない場合は、留守番電話メッセージを設定してください

<変更後>
4. 営業時間内外にかかわらず、架電には確実に対応してください。対応ができない場合は、主体がわかる留守番電話メッセージを設定してください。



使ってないのでわかりませんけど、電話対応を使う人は
Yahooプロモーションからの連絡にはとっとと反応しろ!って事でしょうね

ただ、主体の連絡先を聞いておきながら留守電を設定というあたり
できるだけ直対応を避けたい匂いを感じるのは気のせいか?

Yahooプロモーション規約変更の感想まとめ


今回の規約は主に出稿されるサイトのコンテンツに関することで
PPCを利用するアフィリエイターは「緊急性が高い変更」だと思います


最近は画像バナーやGIFアニメーションも簡単に作成でき
点滅するボタンなどユーザーの目に止まるようなものも増えてきました


これもひとつのアイデアなのだろうけれど
規約変更でその方法はダメって盛り込まれたという事は

そういう「目に余る違反をした人」多く目についたって事でしょう


おそらく同じタイプのテンプレートとか使った
PPC手法のアフィリエイターでしょうけどね(;´∀`)


ユーザーの目を引く技術は自分のブログやホームページなどで利用して
PPCなどの広告サービス上ではやらないほうがいいって事ですね


ただ、総合的に特筆すべきは

今後は出稿サイトの「中身の目視審査」を強める

って言ってるような印象を感じました


これが今後、どのように影響してくるのか

PPCにサイトを出稿の際は
画像内のキャッチコピーの文言にも気をつけたほうがいいですね

それが不安や恐怖を与えるかもしれないので
※人によっては・・のラインが難しい所(;´∀`)

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち
このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です

上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
trigger trigger