アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

知って得するmicroSDカードの選び方

microSDカードを選ぶ際に基準となるスピードクラス(書き込み速度)などの規格について
microSDカード

はじめに:容量別の呼び方の違い

小さいSDカードを一言でマイクロSDカードと呼ぶ人は多いです(私もw)
しかし、頭でっかちの人は次のように明確に分けていう事もあるので覚えてきましょう

  • microSD:容量2GB
  • microSDHC:容量4~32GB
  • microSDXC:64GB~

めんどくさければmicroSD+容量で考えておいても不便はありませんけどね

最新ガジェットにあわせた高速読込/高速書き込みの重要性

microSDカードの書き込み速度/読込速度がいかに重要か?
絶対に誰もが一度は思った事がある例を参考に説明します

  1. パソコンが最新なのにネットが遅い・・
  2. ネット環境が最高なのにパソコンが重い・・
  3. 最新のゲームなのに、ソフトのロードが遅い・・
  4. 最新のソフトなのににゲーム機が性能を引き出せない

こんな事は誰でも一度は感じたと思いますが、共通して言えるのは
片方が最高性能であっても、それに対応するデバイス性能が同等じゃないと

最高性能を引き出せないという一例です

最近のスマホ、デジカメ、ドローンなどの機材のスペックは高く
microSD側も書き込み速度の必要最低限のレベルを満たす必要があります

その際にチェックするべきはスピードクラスの表記です

スピードクラス表記別 書き込み速度の違い

microSDに記載されている規格は古くからあるスピードクラス、UHS スピードクラス、最新のビデオスピードクラスと3つ存在しています
※ビデオスピードクラスは比較的新しく、併記されている事もあります

スピードクラス

  • class2:速度2MB/秒以上
  • class4:速度4MB/秒以上
  • class6:速度6MB/秒以上
  • class10:速度10MB/秒以上

UHS スピードクラス

  1. UHS-1:速度10MB/秒以上
  2. UHS-3:速度30MB/秒以上

ビデオスピードクラス

  1. V6:速度6MB/秒以上
  2. V10:速度10MB/秒以上
  3. V30:速度30MB/秒以上
  4. V60:速度60MB/秒以上
  5. V90:速度90MB/秒以上

最新のスマートフォンやデジタル機器、ドローンなどのガジェットに利用する場合、USHスピードクラス3/ビデオスピードクラスV30以上に対応してるmicroSDが推奨されます

昨今当たり前になってきた4K動画の録画の場合、書き出し速度30MB/秒以下は遅延し、正常な録画ができない可能性が出てくるため、そこが最低基準となります

ちなみに読込速度はデータの再生などに遅延が起きる程度なので、書き込み速度ほど重要ではありませんが、ストレスフリーな映像の再生をしたい人はチェックするといいかも

まとめ:書き込み速度30MB以上 64GBあたりが良い

スマホ・デジカメ・ドローン・ドライブレコーダーなどの撮影機器に利用するであれば
UHS-3/V30規格+書き込み速度40MB以上、64GBあたりが価格や用途的に良いと思います

海外製は苦手・・という人は国産東芝のディスクが価格も手頃でおすすめです

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち
このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です

上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
trigger trigger