アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

WordPress4.1で変更・追加された機能をチェック

昨年の終わりに4.1の更新の連絡が来ていたけど、放置してたので、今回Wordpress4.1で変更・追加された機能をチェックしてみた
wp4.1

WPデフォルトテーマ「Twenty Fifteen」が多言語サポート

多言語サポート

着目点は昨年この記事「汎・日中韓書体ファミリー「Pan-CJK」でWEB製作が変わる」でも紹介した世界共通フォントが適応されているため、日本語での利用にも完全対応されたという事らしいですね

「集中執筆モード」のアップデート・・そもそもソレ何?

集中執筆モード

執筆集中モードというのは、記事を書くエディタエリア以外何にも表示されない状態。いわゆる視界を制限する事で、記事を書くのに没頭するための機能らしいです。左の管理画面メニューと右のカテゴリやタグなどの設定項目はカーソルを乗せると表示されます。

そんな機能があったんですね・・というレベルですいません

管理画面から選択できる「言語の増加」

利用できるデフォルトの言語数が増えたそうです・・とはいえ
普段から日本語しか使わない人からすれば

だから何?というレベルですいません

どこでもログアウト可能に

WordPressのメリットとして、WEBに繋がる環境であれば、ログインURLさえわかっていれば、どこからでも、どんな端末(スマートフォン・タブレット)からでもログインが可能という点

しかし、アクセスした端末にログイン情報が残ったまま・・というのはセキュリティ上心配な点がありますよね・・。ただでさえ昨年はワードプレスのセキュリティが問題になりましたから

これに対して、仮にログアウトを忘れていたとしても、現在操作してる以外の場所からのログインをログアウトできる機能がアカウントプロフィール画面についたようです。
(PCとスマホの2台ログイン中の表示)

他のすべてのセッションからログアウト

ただ、個人的にはログアウトうんぬんよりも、どこから、何個ログインされてるのかの情報が残ったほうが、不正ログインの逆探知効果もあっていいと思うけどね。仮に、身に覚えがない場所であれば・・それは不正アクセスなのでは!?なんてね

そういうプラグインが出てきて、悪用されて、また対策されていたちごっこという未来(笑)

Vine動画のURL埋め込みが簡単に

ほとんど動画を埋め込む場合ってYoutubeが主流なんですが、海外ではvineやveohなど、様々な動画サービスがあるので、そういったサービスに広く対応していくという事で、今後も増えるかもしれません(というか現在もかなり対応はされている)

実際にURLをエディタにコピーしてみた所、こんな感じで表示されました

猫

ただ、URLはビジュアルエディタに記載する必要があり、テキストエディタに切り替えると、URLのみの表示になります

テキストエディタ vine

仮にテキストエディタでタグつけて記事を書くとして、PC上で動画を探して、埋め込むといった場合、URLをコピーするのも埋め込みタグをコピーして張り付けるのも一緒ですね。

むしろサイズ変更やclassの追加など、細かな修正を行える意味で考えると、タグ埋め込んだほうがいいような・・

最近はツイッターでもvine動画付きのツイートが増えてきてると感じるので、そう考えるとツイッターとWP投稿を連携してる人にとっては、記事投稿に嬉しい仕組みかもしれません

・・ただ、肝心のvineの動画サイトを見ると・・まだ日本ではそんなに流行ってる・・という印象は受けないですね。(日本語で検索してもヒット率が低い)

比較的ショート動画が多い印象。長い動画を使って、ブログやサイトの訪問者の滞在時間を延ばしたい人にとってはYotuubeのほうがいいかもね

開発者向けの変更でワードプレステーマの内部構造が変わる

  • 複雑なクエリー
  • カスタマイザー API
  • テーマの タイトルタグ

タイトル・アーカイブ・ページ送り等のナビゲーションの形式が新しくなったようです。WPのデフォルトテーマでは、その形式に対応してるようですが、自分が利用してるWPテーマがそれに対応できているか、今後対応されるかは調べる必要がありそうです

ただ、この新しい形式に対応することで、今後のWPのバージョンアップにも自動対応していくようなので、これから登場するテーマや既存のテーマのバージョンアップ版から

「仕組みが変わる起点」になる可能性はあります

WordPress4.1へ変更は問題ない・・が

基本的にユーザーとしての機能追加・変更はそんなに重要なものはなく、一部の人に恩恵があるという印象でしたが、開発者側で言えば、かなり裏方で技術に色々な変化があったようなので、従来のWPプラグイン等との相性を考えると、不具合が起きないとも言い切れない点も懸念材料

プラグイン相性

有名なプラグインでもまだ未対応というのもチェックポイント

ただ、セキュリティ面に対しての大きな変更等はなかったようなので、マイナーアップデート後の4.11(不具合調整など)や仕組み改変に絡みそうなプラグインの更新が出るのを待ってからでも良いと感じました

WordPressアップデートの影響を受けないツール

記事を書く、画像を載せる(加工・軽量化)・動画を載せる(検索してそのまま埋め込み)など、基本的な日々の更新作業において、重要な点を抑えたWP専用投稿管理ツール

WordPressPostがおすすめです

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち
このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です

上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. さすがたぬっち!超分かりやすかったよ〜
    プラグインのところ読んで、アプデ熱は一気に冷めたから4.1.1を待つことにするw
    あ、私も、それ何?からのだから何?でワロタわww
    落ち着いて待てそう。

    • たらこっち(ノ´∀`*)

      セキュリティに関するアプデはなかったようなので
      後は、最初に人柱になった人たちからの報告で
      不具合が改善されるのをじっと待つべしw

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
trigger trigger