アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

知識と技術とノウハウが集合された まさに「極」

今回は1つのツールを語る上で過去情報を知る事でよりツールの深い歴史を知ってもらおうという変わった企画です
キーワードコレクター無限 AIロボット 中古ドメインサルベージ極

最近私がご紹介している中古ドメインサルベージ極ですが
新発売のツールだから紹介したという訳ではありません

もともと、このブログにはこういうツールカテゴリがあります

もともとこのメーカーさんのツールは好んで使ってました
機能が高性能という事もありますが、それよりも

「誰も目をつけない所を形にしてくる」という着眼点

このふたつはそれぞれ、他のアフィリエイトツールに比べ
一点突き抜けた特異な機能があるツールです

キーワードコレクター無限というツールが特化した機能

被リンク・インデックス数・タイトル・PR・ヤフカテなど
指定したキーワードでのライバルチェック機能に特化

私がアフィリエイトを開始したずぶの素人の頃は
あっちをむいても、こっちをむいても名前を聞く・・

「トップアフィリエイター御用達ツール」でした

もう、発売から5~6年近くたっているので
現在紹介してる人はおろか、存在すら知らない人が多いです

また、時代は変わり、その先駆者を追い抜け追い越せ!
他社が切磋琢磨してブラッシュアップをして生みだしたツールもあります

私は現在は、市場調査ツールという目的ではブラウニーを使ってます
キーワードコレクター無限とブラウニーの性能比較

でも、その情報取得の元祖の技術が進化して
今回の中古ドメインサルベージ極に搭載されています
※今回はほとんどエラーがでません(笑)

AIロボットというツールが特化した機能

AIロボットはインデックス促進・被リンク獲得・コメント入力支援
指定したURLのインデックス状況の確認など作業支援機能に特化

私はこのツールは出た当初、2010/8/7日に記事を残してます
AIロボット買いました というどストレートな記事(笑)

当時、Googleのアルゴリズムの変更、被リンクの非公開など
ネットビジネス業界「震撼の出来事」が多発していた時期

検索エンジンになんでインデックスされないの?

という、稼ぎ以前の部分で悩んでいるアフィリエイターたちが対象

私もこの頃の記事を読み直せば、まだまだ知識も少なく
色々と自分なりに独自に検証してた時期で

このツールのおかげで、インデックスに関して相当勉強しました
またブックマークサービスの利点やNofollw等の技術的な事を知るきっかけにも

今も、インデックスされない・・という悩みを抱えてる人も多いですが
「今」「昔」でもまた、現象は同じでも「理由」が違うんですよね・・

昔:クローラーの優先順位の問題

今:更新頻度・完成度(出来立て、未完成などは・・)

そういった、自分のサイトのメンテナンスを考えて
色々と個別ページレベルでのてこいれや見直しができればいい

そんな部分に特化した機能のツールなので
「儲け重視で売られるようなツール」とは一味違う

ただ、こちらのツールにも対抗意識を燃やした
「ライバルツール」がいたんですよ

・・まぁ、ツールを作るSEの腕は良くても
販売者が・・だったコメントさん

私もこれに絡んだせいで焼けどというか・・
「儲けを考えてツールを売る人間」と絡んではいけない

という人生教訓になり、ひとつ大人になりました(笑)

そんなAIロボットのインデックスチェック機能
中古ドメインサルベージ極のインデックス復元機能の原点

インデックスチェックで指定したURLからサイト構造の情報を引き出し
個別ページのURLや階層をフォルダやHTML名として出力

さらにツール上に抽出したタイトルと説明文を
あらかじめ用意しておいたテンプレートに独自形式で出力すれば

「以前のサイト構造のテンプレートファイル」の出来上がり!

元々の「強みの技術」を応用してる訳ですね

新しい技術と発想は「中古サブドメイン取得」

今まで、中古ドメインを取得するという事について
こんな考えを抱いたのは私だけではないはず・・

ツールで見つけてもそのドメインが安全か判断できない

結局ドメインをみつけても、お金がかかるし・・

使った所で、本当にSEOに効果があるの?

安全かどうかもわからない・・のにお金もかかるし
お金をかけたのに・・SEOに効果がないんじゃ・・という「リスクへの恐怖」

その点、サブドメインならどうか?

取得無料だから、金銭的な問題もない
仮に失敗しても、すぐに切り捨てできる

リスクを恐れて動けなかったユーザーにとって
中古市場へ「一歩踏み出すきっかけ」

しかも不安とリスクを取り除く3つの機能もあるので安心

昔からの中古ドメインという市場ではなく
まったく新しい中古サブドメインという視点

色んなアフィリエイトツールを見てきた私ですが
もし、今までそういう機能を持ったツールがあったら

すぐ飛びついてたと思います

現に、今回、すぐ飛びついたんですけどね(笑)

そして、さらに新しいのが
「.jpドメイン限定」の中古ドメイン市場の開拓

年間コストが高いという点から
今度は参入ハードルが逆に高くなるため

こちらも実は「競合者が多くはない」

しかし、質の高いドメインが定価で欲しい!
という目線で探してる人にとっては、喉から手が出るほどありがたい

ドメインにおける「最上位」「最下位」
両方の市場を攻め落とす「新しい発想と培われた技術」

過去から繋がる技術と需要を見据えた市場開拓

積み重ねによる経験値

今まで発売してきたツールがただの儲け目的ではなく
そこで培った技術を次へと繋げるスタイル

ユーザーのニーズと需要を考えた市場開拓

こんな機能があったらいいのに!を実現する技術と
確実に需要がある層を狙って打ち出してくる戦略

中古ドメインサルベージ極PRO版とJP版はまさに「極み」

各機能に注目しながら動画を見てみよう

やっぱりこれ大事ですね

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち
このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です

上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. インデイックス復元昨日は、既に取得済みの中古ドメインでも使えるのでしょうか?

    個別ページにリンクが付いてるページだけを復元したいのですが、可能でしょうか?

    • 大橋さん たぬきちです

      別のツールで取得した中古ドメイン情報でも
      「極」で読み込み可能な形式のCSVにすれば可能ではありますが
      復元されるかどうかはそのドメイン内のデータしだいですね
      (;´∀`)こればかりはやってみないと・・

      復元はインデックスされてるページを全て出力する機能ですが
      個別のページの被リンク状況を手動で確認する機能があります

      それを見ながら復元したインデックスページファイルを
      削除すれば、被リンクがついた個別ページのみの復元になると思いますよ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
trigger trigger