アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

Googleアクティビティカード考察 たまにはまじめに次世代SEO研究

今後のSEOの展開を考察でもしてみよう。という訳で今後展開が気になるアクティビティカードをチェック

Googleがスマホ検索にアクティビティカードを導入

もはや時代はお手軽なスマホ検索にシフトしており
情報は瞬時に縦読み、ページの表示はより早く軽くが主体

それを最も助けるのがAMPという技術であり
現在のGoogleは隙があれば、AMPに対応しなさいと促してくる

この技術を提供するGoogle目線とわずかに限られた視野角に収まり
縦に情報を読みこんでいくお手軽スタイルに慣れたモバイルユーザー

これが今後のWEBスタイルなのだとしたら・・試験的に導入されている
アクティビティカードはコンテンツSEOの先にあるものと感じる理由

アクティビティカードは簡易的な履歴表示

Googleアクティビティカード

まだ日本で始まっていないらしいので試験的な動きかもしれないが
これは今後PC向けに作成されたコンテンツ重視のページに有利に働く可能性が高い

コンテンツ重視SEOとは、適格な段落アウトライン構成
見出しによる情報の細分化+圧倒的な情報量

このページを1ページあれば全て解決だよ? というスタイルであり
今までのコンテンツSEO重視のGoogleであれば比較的優遇されていた印象を受ける

しかし、スマホで見るとなると・・例えレスポンシブWEBデザインへの対応や
モバイルユーザビリティなどのSEOガイドラインに対応してたとしても・・

根本的に画面の大きさが小さく、視野角が狭いモバイルユーザーからすれば・・
さくっと楽に読みたいんだよ!(/・ω・)/って話です

すると、どんなに素晴らしいコンテンツを作っていても
思わず・・長っ(;´Д`) とユーザーが止まってしまったら意味がない

また、そんなページばっかりモバイルSEOで上位にしていたら
Googleさんよ~忖度ですかい?┐(´д`)┌ヤレヤレ とスマホユーザーから不満があがる

このままだと、どっちつかずになってしまう

A:従来のコンテンツ重視の情報量多めを上位化=スマホ向けではない
B:読みやすい適度な長さの情報を上位化=ユーザーが1ページで満足できるほどの情報量がない

理屈で言えばBを洗練していけば、不可能ではないかもしれないが
不特定数、未確定生命体を含むサイト運営者たちにそれを強要する事はできない

となると、Aの考え方をモバイルユーザビリティに当てはめていくのだが
問題点は、情報量が多すぎるとユーザーが読みつかれて最後まで読めない

こういった問題点に集約していく

だからこそアクティビティカードは簡易的な履歴表示機能によって
ユーザーのペースにあわせた再訪問を促しつつサイト運営者にも好まれる変化

まとめ:アクティビティカード=コンテンツリライトSEOが重要になってくる

自分がモバイルユーザーとしてみてもウェルカムな機能ですが
コンテンツSEOに取り組んできたサイトオーナーとしても好ましいですね

一度訪れたけど、ページの途中離脱した訪問者がリピートで情報を読んでくれる機会が増えるので
作成済みのコンテンツの情報更新が今後は重要になります

=同じユーザーの再訪問を考えて時事情勢変化を考えたコンテンツのリライトSEO

おそらく最終更新時間というページコンテンツの修正は
アクティビティカード一覧内で、最新更新順といった形で働くかもしれません

私がエンジニアだったら、ユーザー目線から過去に閲覧したページの中で
最近内容が更新されたページ順に表示って使いたいからね( ̄▽ ̄)絶対ある

そうなると、クローラーの巡回頻度を上げないとページのリライト後の
ボットのページ再クロールが遅れるので、必然的に記事投稿ペースも必要になる

ユーザーに満足され、サイトオーナーはサイトを放置できなくなり
全ては順調に回りだすという、まさにアクティビティカード(笑)

逆に言えば・・作ったページを無責任に放置する事が危険
=大量低品質サイトやブログを生み出すのはリスクという危険性を意味している

という訳で今後のSEO対策まとめる

コンテンツSEOの場合、文章の内容は当然だけどHTML5での段落アウトラインSEOも重要
実は、2017年の1月時点で、これは新しいSEOだ!?Σ(・ω・ノ)ノ!と飛びついて実践してました

SEOマニュアルファイナル実践レビュー(特典)

それから約1年、2018年の終わり頃にワードプレス5.0がこの仕組みを導入
アウトライン構成がSEO的に重要でなければ世界共通の変化はなかったでしょう

WordPress 5.0 Gutenbergを調べてみた結果・・

このような変化が始まる前から、AMPなどの将来的にSEOに重要になる要素は多く
人間ではなくAI判断に好まれるためのSchema.Orgも重要なファクターになっていく

もうAIが人を管理・監視する時代になり始めてる中で・・
SEOのランキング決定要素にAIの判断が低い訳がないって話

Google構造化形式の名称をリッチリザルトに統合の重要性

そして、一度作成したコンテンツを放置せずに根付かせて
何度も時事的な変更や追記を行いリライトSEOで継続的に育てていく

過去記事リライトSEOは、時代の変化にあわせていく事で
本当の意味で今後の安定したアクセス需要を獲得する事に繋がるでしょうね

だって、WEB上、検索エンジン上には今ゴミがやまほどあるんですよ?
ゴミ=過去の放りっぱなしの更新されない古い記事など(もはやスペースデブリ)

これを持ち主であるサイトオーナーがコンテンツをリライトする事で
インデックスしてる検索エンジンにとってもゴミが活きたコンテンツに変わります

一人ひとりが自分で生み出したものを適正管理するだけ
発言に責任を持ち、時代と共に変化があれば、謝罪訂正もやむなし

その誠実さこそが最新の情報になっていき
ユーザーにも検索エンジンにも好まれる

それこそ、古きを知り、新しきに変えていく(温故知新)

だからといってパクリリライトseoはダメですよ?

そこにSEOの評価がシフトするという事は・・
当然、抜け穴を厳しく取り締まる事は間違いないです

オリジナルコンテンツ制作者の活動をサポートする意味でも
雑なキュレーション、ツールで自動取得系は今後は今まで以上に危険かも?

手動ペナルティ対象の選別はAIが行いそれにGOを出すのが人間っていう感じになるかも
なので、なんで手動ペナルティ?と問いあせても問答無用かもしれません

あくまでも、自分で生み出したコンテンツの成長を止めるな って事です
そのために・・ワードプレス運営していくならこのツールが最強(゚∀゚)アヒャ 

ワードプレス更新を楽しくするツール(記事作成工程をお見せします)

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち
このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です

上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんばんは。
    スマホユーザーにとって1記事2000字~3000字とか
    とても読めないですよね。
    読者が疲れない字数で内容もしっかりしたものを、
    これからは書いていく必要があると思いました。
    また訪問させていただきます。

    • takahumiさん いらっしゃい

      いぜん、産業革命ならぬ、3行革命!というフレーズで
      まさにたった3行で魅了する文章を書く人がいました(凄い人だった)

      少ない文字数で内容がしっかりとしたものを書くはセンスですね(;´∀`)

      しかし、同じ情報でも読み手の知識に頼ってはしょってしまうと
      結構取りこぼし&わかりづれぇから二度とこねーよ!になっちゃうケースもあるので

      情報が多いけどきっちり全部説明する=GoogleにとってコンテンツSEOは有効だった訳です

      どちらも有効な考え方だから、間とって・・情報多くても
      またそのページを読むかはユーザーが決めればよくね?

      というのがGoogleアクティビティカードという(笑)

      読者が疲れない文字数っていうラインはありませんよ
      その日、その日の体調や気分や状況(追い込まれてる)等もあるので

      サイトオーナーは全力コンテンツ振りでいいかと思います
      適度な長さで・・後半へ続く!って引っ張るのもありですしねw

  2. こんにちは。
    文字数を適度に、何よりも読みやすくする工夫が必要ですね。
    ただ内容をなんでも盛り込むのではなく、読者にとってインパクトあるコンパクトな記事を書こうと思いました。

    • 松千代さん いらっしゃい

      インパクトあるコンパクト!っていう表現はいいですね(≧▽≦)
      ・・ただしそれを実現するにはセンスが・・(;´・ω・)

  3. ブログランキングから来ました。
    文章作成は常に読み手のことを考えながら、
    作成することが大事だと気付きました。
    ありがとうございます。
    ポチッとさせていただきます。

    • shiryouuさん いらっしゃい

      そうですね、Googleにとってもサイトオーナーにとっても
      読み手が求める情報を簡潔に伝えるのが最適解なのは間違いないでしょうね

      ・・私はできてませんが(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
trigger trigger