アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

オリジナル記事リライトルールの魅力

オリジナル記事リライトルールを構築できる魅力は完全に周りと差別化された、データベースには存在しないリライトキーワードを組み込むことができる事によって・・

『オリジナルの記事リライト』ってどんなものか知ってますか?

例:てゆーか・とゆーか・というか
意味はだれでも想像できますが・・
実際、同義語・類義語検索等には『存在しない文法』です

siriwp1860.jpg

例えば『ドラえもん』なんて有名ですが・・
同義語・類義語検索したらこんなんでました

siriwp1861.jpg

これがデータベースの現状でデータベースやAPI等を介したツールでは
こういったひらがな・カタカナ・漢字・英数字
というキーワードリライトが当たり前のように行われます

このようにどこかのデータベースからリライトルールを引用する場合
オリジナルリライトとは呼べない『使い古されたリライト』になります
検索エンジンは現在、記事の中身も重要視しています

参考記事:ページランクが下がっても検索順位に影響なし?その理由と対策

そして、最新情報、新しい情報を好むように
検索エンジン側の仕様も変わりつつあります

そういう意味では『リライトルールを制御できない』というのは非常に厄介です
『同じ場所から同じリライトルールを利用してる人』がたくさんいる訳ですから
当然、利用者の記事は似たりよったり
あるいはまったく同じキーワードになったり・・
それを全てのデータを把握してる検索エンジン側がどうみるか?

ペナルティという意味ではありません
ただ、新しいものではなく『よくある物という認識』は持たれるでしょう

じゃ、『新しいもの』ってなんなのか?
たぶん『あまり使われてないような言葉』だと思います

これから出てくる新しい商品、新しい話題、新しいニュースはもちろんの事
自分発信の『自分で用意した言葉』とかも含まれます

ほんとに『造語(作った言葉)』・・だと意味はないと思いますが(^_^;)
例えばドラえもんなら『22世紀から来た猫型ロボット』
とリライトしたとしても意味が通りますね

データベース上での認識はドラえもん(ひら・カタ・漢・英)というキーワードだけで
ドラえもんの『意味や外観に関する情報』などはまったくありません

『ドラえもんというキーワード』から離れはしますが
『ドラえもんという意味』としては離れてません
だから、読み手にはわかりますね

これもひとつの『オリジナルリライトルール』です

じゃ、ついでなんで『のび太』で考えるとどうか?
『勉強もスポーツも駄目でドジばかりの小学生』といっても
大半の人は (´~`)rあぁ、彼の事ねw と気づくかもw

こんな風に世の中に当たり前に存在してるけど
『別の言葉で表現されていないキーワード』って結構あります
そういった観点からオリジナルのリライトルールを構成する

他の人とは利用しているキーワードが違うので記事内容がかぶる事はありません
ただ、キーワードだけだと、やはり文章として繋がりがおかしくなる事があります

例えば、この『ドラえもん』『のび太』というキーワードだけでは
だけではダメなんです・・危険です・・・(笑)
だって、映画のタイトルとかに置き換えてみればわかりますよ

『ドラえもん のび太の日本誕生』なんかは
『22世紀から来た猫型ロボット 勉強もスポーツも駄目でドジばかりの小学生の日本誕生』
意味わかんねぇぇぇアヒャヒャヒャ(゚∀゚)ヒャヒャ( ゚∀)ヒャヒャヒャ

『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』だとしたら
『22世紀から来た猫型ロボット 勉強もスポーツも駄目でドジばかりの小学生の宇宙漂流記』
・・・( ´・ω・)哀れな小学生が宇宙漂ってんじゃん・・

だから『キーワード+接続詞』によって『リライト制御』が必要になります

『ドラえもん+が』『ドラえもん+の』『ドラえもん+に』などにする事で
単語変換による『おかしなリライト』が防げます

・・・あ、のび太の場合『のび太+の』ってついたら・・
結局『勉強もスポーツも駄目でドジばかりの小学生の』になってしまうww
のび太やっぱダメダメだぁ(´~`)r(笑) ← 違うぞ

おかしな文章にならない『文法構成を考えたリライト』
そして、『他の人が使わないようなキーワードのオリジナル表現』
このふたつが揃ってるのがこちら

参考サイト:記事リライトを加速する!ショットガンリライター×リローダー

ちなみに、リライト作業をさらに高速にするならこれ!
参考記事:リライト辞書作成とリライト実行の高速化!二つのツールが生み出すハーモニー

※プロモーションビデオ公開中
『世の中にほとんど出回ってないキーワード』で記事を書きつつ
その『新しいキーワードのオリジナルリライトルール』を作るのもおすすめです
後々、別パターンでアクセス稼げますしねw

参考記事:アクセスが集まるキーワードとは?

オリジナルリライトルールは周りとは完全に差別化した記事を
自分と同じ思考を持ったゴーストライター(リライトツール)が生み出します
そのためには、リライトツールを育てること大事です(^。^)y-.。o○

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち
このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です

上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. ショットガンリライターとエンドレスリライトの違い | アフィリエイトツールで生活満足

    […] 自分で書いた記事だからこそ、伝え方を変えたリライト文章を作れます オリジナル記事リライトルールの魅力 […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
trigger trigger