アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

増えない白血球とリンパ球増加と単球の働き 闘病記05

抗ガン剤治療2回目を終えて、2週間ほどしてからの検査結果がでました。今回のテーマはリンパ球と単球の数値と働きについて考察

2回目の抗がん剤投与を終えて

1回目同様に、2日前から入院しに水デトックスを行ってから抗がん剤投与を行った
当初は2回目からは通常の投与量に変わるような話をしていたのだが・・

一度目の効果がよかったからか、二度目も投与量は変わらず少ない量だった
もしかしたら、転移でステージⅣ、高齢という事から苦しまない延命治療にしたのか?

CT検査で肺のガンが小さく薄くなった!? 闘病記04

・・本当に治療した?(;´・ω・) 水でもいれられてごまかされた?

と思ってしまうほど、抗ガン剤投与の翌日からも副作用もなく母は至って元気な状態

寝たきりどころか、普通に起きて家事もこなせて、日中は何事もなく
テレビや映画を見て自分の時間を過ごせる状態で患者とは誰も思えないレベル

ただ、本人は1回目の治療で抜けかけだった前髪と横の髪の毛が抜けないためやきもきとしている(笑)

自宅療養中の免疫療法や食事にも気を付けているし、その効果もあるのかな?
と思いながら2週間が過ぎ、2度めの治療後の血液検査の結果が出た

腫瘍マーカーCA125の値は限りなく低いと医者はいう

CA125とは、女性のみ、卵巣がん、子宮内膜症などの臓器で発生した癌を検査した項目の値で
基準値は35U/ml以下であれば問題がないとい判定になるらしい

元々はそこの臓器からの転移細胞なので、肺が病巣でもその数値が目安

そもそも論でいえば、まったく治療前の時点で数値だけで言えば14がスタートだった母は
一度目の投与後、14→7.5、今回の2度目で7.5→5.7と・・順調に下がり

検査した医者先生は「これ以上下がりようがないよね」と言っている
・・ならなぜそれでも抗がん剤を止めようか?と言わないのだろう・・

そもそも、35U/ml以下はガンではないという数値の目安はいいのだろうか?
同室になった他の患者は50を越えたり、100を越えたりがざららしいが・・

母の場合は、事前に他の検査(PET/CT・内視鏡)でガンを実際に見つけているため、数値の問題はいまさらだが、そもそも・・血液検査の数値だけではガンの早期発見には繋がらない

という事が明確に言える結果でもあると思う

ただ、それは素人考えなので、医者には医者の計算式があるようで出力された数値を見ながら
机の上で電卓をたたいて、手書きで計算した数値で判断して説明してくる

ならば、その計算式も出力する表計算(マクロ)に組み込めばいいだけなのに・・
どうしてそのひと手間を効率よくしようという発想がでないのか不思議である

もしかしたら患者に持たせる資料として
後で問題になった時に証拠になるとまずい数値とかの対策だろうか

ま、ガンのマーカーがどんどん低くなるというのは、抗ガン剤治療をしてるのだから
そうなってくれないと意味がない話だし、順調に数値が下がっているという事は

自宅での食生活、生活態度によるガンの進行は止まっているor下がっている
その状態+抗ガン剤の効果で確実に下がらないのであれば救いがないので打倒な検査結果だろう

ただ、今回気になったのはそこじゃない!

白血球が少ない(前回よりは多い)のに免疫注射を3本打つ!?

抗ガン剤を投与すると白血球(WBC)は確実に減る事はわかっている
そのため、抗ガン剤投与した後に、次回の投与の前に血液検査で白血球の総数を確認する

一回目の時の値が2.5(参考値:3.3-8.6)と正常な状態より少なかったが
先生は「思ったよりも免疫力が残っていたため、免疫注射は必要ない」と言っていた

そして今回2回目の抗がん剤投与後に計測した数値が2.6
前回の投与後とほぼ同じ結果(なんならちょっと多い)が出たにも関わらず

「白血球が少ないので、免疫注射を3本(1日1本×3日)打ちましょう」

という事になった

これはおかしいのでは?一回目は白血球が2.5で大丈夫といい、そのまま2回目の投与に突入
2回目は白血球が2.6で少ないから免疫注射を3本打とうという・・

なんで?・・(まったく意味がわからない)

ただ、白血球が少ない=免疫力・抵抗力が弱いというのはなんとなくわかるので
免疫注射を打つ事に抵抗がある訳ではなく、単純になぜなんだろう・・と気になって

検査結果のデータを見ていくと気になる項目があった

リンパ球の数値39→58.8に増加の原因は?

前回や転移前の5年前の抗がん剤投与2回目のデータと比較して大きな変化があったのが
リンパ球の数値(基準値:20-40%)で、前回に比べて約20%も増加しています

このリンパ球ってなんだろう?どんな役割なんだろうと思って調べていくと
どうやら、リンパ球単体の数値で考えるものではなく、役割で見ていく事が大事な模様

白血球(総数)に含まれる5種類の血球の比率

今回数値が20%も増加したリンパ球は白血球の分類のひとつで
実はそれ以外にもあわせて5種類の白血球の種類がある模様

抗ガン剤

  • 単球:2~8%
  • リンパ球:25~45%
  • 顆粒球(かりゅうきゅう)
  • 好塩基球:0~2%
  • 好顆球:1~6%
  • 好中球:43~75%

リンパ球は単球と協力して「ここに侵入者がいるよ」という目印(侵入物に対する抗体)を作る役割
「おまわりさん!ここです!こいつ現行犯です!」という所までやってくれると考えると

このリンパ球の比率が増加=侵入者を水際で止めてる数が多い

と考えると、ちょっと不安要素ではある

このデータを見た医者は母に対し「体だるいとかないですか?」

と熱などの症状がでなくても潜在的にウイルスなどに負けて症状がでてないかを心配したようです

また、これは目安として覚えておけばいい事ですが

白血球数が基準値よりも増加した場合、細菌によって起こされた炎症が原因で
この時は好中球(外敵ウイルス・最近に反応)が増加し、相対的にリンパ球は減少するらしいです

ただ逆に、もともとある白血球がだまって減少するというケースは少なく
特殊な治療(抗がん剤等)により低下を起こす時以外、そんなに心配する事ではない模様

要は白血球の総数と分類での好中球数やリンパ球が
外敵に対応できるだけの量があって、異常な細胞が出ていなければよいとの事

母が・・病院の階段を上る時にちょっと動悸が・・と言っていたので心配したけれど
「単純にそれ運動不足だろ!」という父の意見が正しいかもしれない

普通の人ですら、風邪で寝込むだけでも体力を著しく失うというのに
抗ガン剤で免疫力がなくなった上に、寝込む&普段は何も運動をしない上に

さらに高齢者ともなれば、体力の減りは常人とは比べものにならないかもしれない
血液検査は一階で、胃腸科内科2階、婦人科5階と診察のたびに移動させられる

そう考えると広い病院って・・患者にとっては生き地獄です・・

いずれにせよ、先生の心配&免疫注射したほうがいいかな?という判断に関しては

1:白血球の総数が前回と変わってないのにリンパ球が増えた点(細菌をマーカーする役割)
2:マーキングしてもそれに対処できる免疫力が低下している状態である事

要は、侵入者がすでにいるが、人数が足りなくて対処が後手に回っているため
白血球を増加させる事(次の抗がん剤のためにも)で潜伏している細菌に対処させる

そういう意味で免疫注射を打とうという判断になったのかも?
そうじゃなければ、前回よりデータ上は数値は良い訳なので納得はいかない話ですね

とりえあず、自分で調べて、各白血球の種類の役割を考慮すると
データの数値の変化はそういう事で、医者の判断がこうなんだろう・・という自己判断ですけどね

先生は黙して語らず(素人に言ってもわからないだろうスタンス&不安を与えない?)

しかし、もう一度いうが

検査した医者先生は「これ以上下がりようがないよね」と言っている
・・ならなぜそれでも抗がん剤を止めようか?と言わないのだろう・・

今は肺に転移した癌細胞がこれ以上小さくなる事はない(腫瘍マーカー)という結果が出た
数値的には5年前に5回目の抗がん剤治療(ラスト)を終えた時とほぼ同じ状態

もし、この肺に対する治療の効果が同時に、早期発見の新規胃がんに対しても
同様の縮小&回復効果が見込めているとしたら・・

胃の先生は同じ腺がんという種類だからもしかしたら胃のほうにも効果があるかも?
と期待しているため、当初予定していた、外科手術で胃の切除の前に内視鏡で確認したいと言っている

もし、抗ガン剤のがん増殖抑制効果に加え、日常行っている免疫療法を取り入れた
食生活の見直しも効果があるのだとすれば、すでに正常細胞(潰瘍が治ってる)になっているか・・

もしかしたら、内視鏡で取りきれるほどの状態になっていれば最高な話(先生にとっても)
ここまでとても良い流れできているので期待を強めたい

ただひとつ抗がん剤ではっきりした事は、白血球(免疫力)を大幅に減らす
これが体に対して与える効果は副作用ではなく主な作用

といっても過言ではないだろう

もともと人間が持つ回復作用を殺してから治療するという矛盾な考え方ではなく
免疫細胞の動きを助けるという考え方で医学は進歩してほしいと感じる

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち
このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です

上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは
    ブログランキングからの訪問です。
    抗がん剤治療って大変みたいですね。
    頑張って下さい。

    • さちりんさん いらっしゃい

      大変ですよ(;´∀`)本人もそうだけどその家族も
      いずれ自分や身の回りにそういう悩みを抱える人がでてきてたら

      また読みにきてくださいね

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
trigger trigger