アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

目を瞑ると見えていた光の粒子 神秘学とチャクラで何となくわかった的な

子どもの頃は目を瞑らなくても見えていたふわ~と飛ぶ複数の光の塊。今でも目を瞑ると見えるその光の現象を調べてみたら、思いもよらない所にオチてどうしようか迷うわこれ(;´・ω・)ネットで色々調べていったら200人に一人の現象らしいのでより信憑性が増し・・

目を瞑ると光の粒やカラフルな幾何学模様が見える現象

経験ありますか?(ない人はここでそっと閉じ・・)

どうやらこの現象、全ての人が体験できる事ではないようなのですが、約200人に一人の割合で、まったく同じ現象が発生しているようで、目を瞑ると光の粒がふわ~って飛ぶ現象、目を瞑るとカラフルな幾何学模様、もしくはアメーバのようにどろ~とした血液みたいなカラフルな流れが見えるけど

あれって私だけ?と検索してる人も多いようです

私は子供の頃から当たり前に体験してきたので、今日まで、みんなそうなんだろう(;´・ω・)と思って口にも出さずに生きてきましたが・・レアケースと聞いてびっくり(゚Д゚;)&謎解明の探究心が芽生えてしまった

未体験の人にどういう状況か絵で説明します

光の粒

目を瞑ると、ちかちかちか・・と薄く砂粒のように光の粒が見えてきて、ふと意識するとその光の粒にピントがあいます。色はその時によって白・赤・青・黄とまちまち。するとこの光の粒が複数まとまって、右へ左へと動きます。これをず~っと追っていくと、ふっと急に消えて、そこにはカラフルな幾何学模様が一瞬だけふっと出て消えます

幾何学模様

模様が消えてしばらくするとまた光の粒が現れてエンドレスに続きますが、焦点を合わせなければ何も映りません。子供の頃はどうしても目で追ってしまってましたが、現在はまったく意識してなかったので、久しぶりにやったら、まだ普通になるわこれwと(゚∀゚)アヒャ

で、原因って何かな?と色々調べていった結果、それらしいのがこちら

  • 脳の疲れ、眼球疲労説
  • 光の残像、血管が見えてる説

まぁ、合理的に考えれば、眼球疲労とか、強い光を見た影響で瞼を閉じても残像が残ってるとか・・そういうし、そう思うよね、想いたいよね・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

でもね、これアウトでダウト!なぜなら
私は子供の頃、目を瞑ってなくても、暗闇で見えてたからね?

今でもはっきり覚えている、光の粒の背景にタンスや壁が見えてて、天井の電気の紐とかをくぐるように、光の粒は飛んでた、それをずっと眺めてたから強烈に今でも覚えてるんだ

だから、目を閉じなければ見えない瞼の裏の血管説もなければ、暇があれば日光の元、自然と戯れてた健康優良児が眼精疲労に脳の疲れ?(笑)頭使ってねーよwwと全否定できる

となると、他には・・と調べてみたらぞっとするワードがでてきた

「あなたの部屋に霊道が通っているはずです」

基本、幽霊の存在は信じてません。信じてませんというより信じたくありません。信じたくないのに、思い返せば、そこらの人より鮮明に心霊体験してると思います。

そういえば誰かにここは鬼門になってるね、みたいな事言われた事ある

  • 子どもの頃、押入れに般若を見た(後で見ても何もなく親は信じてくれなかった)
  • 山で締め縄を切った翌日、金縛りにあい、腕に手形が残った(確か起きてからひたすら謝った)
  • 2階で寝るようになってからの金縛りの頻度が多い(特にお盆に近い時期)
  • 高校の時亡くなった友人が夢枕に立つ(尚、|д゚)にゅっと出てきた方向は壁)
  • 近所のおじさんが挨拶していった夢(翌日、近所で×の看板)
  • 金縛り時に目を開けると苦学生みたいなのが首をしめてきた(返り討ち)
  • 叔父が亡くなった時、階段で異様な臭いがしたが、現場に到着すると同じ臭いがした

こーんな事が実際に起きているにも関わらず、私は幽霊という姿なき物にはびびります

びびってますけど、懐疑的です・・ですが、200人に一人くらいの割合で、姿は見えずとも光の粒子として何かを検知しているという点から見れば、霊道という立地条件(近くに神社仏閣・お墓等)も関係はしてるかも?光の粒として見えているのは、何かしらの見えないけれど、そこに存在するものを感知している可能性な気もしないでもないです

子どもの頃、目を開けていても暗闇の中で見えていたのは、そういう肉体なき思念みたいなもの、もしくはそれが通る霊道が見えていたのかも?

で、霊なのか~・・え?(;´・ω・)霊なんているか?~と幽霊という考えに捉われないで、光の粒子が実際に見えているという事実を捉えて考えるとこんな、世界が見えてきます

もしかして高次元を感じている!?

アストラル体

はい、頭いっちゃってるぜこいつ(゚∀゚)アヒャと思った方はここでストップGOホームです(笑)私が唱えている訳ではなく、そういう物事の捉え方、基本的な考え方があるという事で行きましょう!←どこへ?

まず、単純な事ですが、記憶ってどこにするんでしょうか?魂と呼ばれる、己が己であるという意思は体のどこに?この疑問が答えられる人はいないでしょう

だから理解を深めるために違う考え方も受け入れる必要がある

  • エーテル体(オレンジ・赤):気・生命のネットワ―ク
  • アストラル体(薄い黄色から白):感情・欲望・感覚等のエネルギー(幽霊・意識)
  • メンタル体(緑):精神体・明確な思考
  • コーザル体(青):仏性・自己・魂

で、ぞくっとするワードがでてきました(;´・ω・)色だと!?

薄い黄色から白は子どもの頃からずっと見てる光の粒がまさにそれですわ・・メンタル体は緑・・あんまり見た事ないけど、何回かは見た記憶あるかも、コーザル体は青だそうで、これも子供の頃結構みてた・・

さーて・・この神秘学と起きている状況を紐づけて考えるとだ

  • 子どもの頃は目(物質的肉体)じゃない何かで感じ取ったから目を瞑らなくても光が見えた
  • 大人になってからは、目を瞑る(目の機能を停止)事で目で粒子を感知している?
  • お泊りの時は意識した事がない

つまり、見る人、見ない人(見てても気にしてないパターンもあり)というのは立地(神社あり・家が鬼門)だからこそというのも関係ありそう(200人に一人くらいの立地条件)

神秘学における死の考え方では、死を迎えると、通常は「エーテル体」「アストラル体」は現世からすぐに消えてしまうのだけど、生前に感情の葛藤(恨みや後悔)のある場合、アストラル体が消滅せず、引きずられるように魂もアストラル界に留まるとの事。つまり目的なくさまよう浮遊霊ではなく、意思と自我を持つ幽霊

叔父が急死した時、発見までだいぶ遅れてしまったため、人付き合いとかの後悔など色々あったと思う。アストラル体は肉体と重なりあっている事から、事後すぐに一番近い我が家に意識で現れた結果、現場の臭いも付いてきたのかもしれない。葬式の時に親族にも話した不思議体験だった

神秘学的に捉えれば納得できる事が多い

そうか、なるほど、幽霊というのは害がない・・え?(;´・ω・)ちょっと待って・・アストラル体怖い・・

  • 仏教でいう所の現世に感情を引きずった「浮遊霊」
  • 波長が合えばアストラル体に憑依される。波長が合わなければ憑依されない
  • 憑依の目的は憑依者からエネルギーを吸収すること

あの首絞めてきた苦学生は憑依しようとしたんだろうな・・波長が合わなくてよかった(;´・ω・)顔見た瞬間に、こいつには負けねぇ!って確信のエルボーかましたら金縛り解けたしな(゚∀゚)

そういう強い気持ち大事よ!

で、そういうもんだと思って目を瞑ってリラックスしながら光の粒子を見た結果・・ぜんぜん見える量が変わりました!めっちゃくちゃ違うし、色も良く見ると緑もあって今こんな感じに見えるようになりました

粒子の流れ

物理的に目では見えない世界、オーラ、波動、気、そしてそれらは肉体よりも上の高次元と呼ばれる所にあり、実はこうやって色々考察したり、悩んだりしている自我というのは、肉体と結びついてはいるけれど、もっと高次元にあるというのが驚き。

つまり自我(高次元)が粒子の流れ(エーテルやアストラル)を意識する事で、さらに低次元にある物理的な肉体へ変化を与える(粒子の見える量や流れが変わった)

なんか俺今すげースピリチュアルがわかった気がする(゚∀゚)アヒャ

もし、私と同じように目を瞑れば光の粒の流れが見えるという1/200の人は、次の事を意識してみてください

光の点の色は何色か?

意図的に好きな色を出そうとしなくても、いろんな色が流れてる事にびっくりします。
これが波動なのか(゚Д゚;)これが気の流れって奴なのか!?と

ただ、目を閉じて光の流れを追って、光の流れを追ってを繰り返してたら、変な赤い渦巻きというか波紋みたいなのしかでなくなって・・

怖い奴

あ、(;´・ω・)これヤバい奴かな・・ヤバい奴だよね?と凄く不安になってきたので目を開けました

もしかしたら、そこを一歩越えればチャクラが開くのかな
チャクラもまた色で表現されているのであながち間違いじゃないかも?

  • 第1チャクラ:赤:性器と肛門の間(生命力・活力)
  • 第2チャクラ:オレンジ:へその下5cm・丹田(感情・欲求)
  • 第3チャクラ:黄:胃のあたり(意思)
  • 第4チャクラ:黄緑・ピンク:胸の中心(信頼・愛情)
  • 第5チャクラ:水色:喉(コミュニケーション)
  • 第6チャクラ:青・藍:額(思考力・直感)
  • 第7チャクラ:紫・白:頭頂(開かれた心)

もし、目を瞑って見えてるのが自分のオーラの流れの色だとしたら、私は第6チャクラまで見えてますね。残念ながら紫なんてのは今までの人生で一度も見えた事がない(;´・ω・)心閉じてるのかな

第7チャクラの頭頂というのがいわゆる第3の目と噂の松果体なのかもしれない・・なんか、神秘学とチャクラだと他者と自分と認識が変わってくるのだけど、たぶんどちらも間違ってはいないと思う

  • 目を開けた状態でも見えるもの=神秘学でいうアストラル体(霊視的なもの※子どもの頃はできた)
  • 目を閉じてみるもの=自分のチャクラの状態

なんかそうやって考えておけば、そのうち宇宙の神秘に気づけたりして(゚∀゚)アヒャ

1つ確信したのは、第1チャクラの解放
おしっこする時に目を瞑って、光の流れを確認してから放出してみたら、なんと赤い点がいっぱいでてきました(*´▽`*)チャクラ検知!ただの偶然かもしれないけど赤いオーラが見えました(笑)

PS:意識してみようみようとすると・・・・たまに向こうからも覗かれてる感覚になって怖い時があるのでほどほどに(それが波長が合うという事なのだろうか)

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち
このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です

上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
trigger trigger