アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

JJRC H31レビュー 軽さと操作性の夏用防水ドローン

JJRC H31の誰得なぶっこわれ高速旋回に魅せられてゲットしましたが(笑)これ、それ以上に軽さと操作性が非常に抜群で海やキャンプなんかのアウトドアと非常に相性が良い夏おもちゃ!という事で詳しくその辺レビューしていきます。もしかしたらトイドローンデビューこれでもいいかも?

JJRC H31飛行動画

軽く飛行させてすぐわかったのはボディが軽く、浮き上がりもスムーズ、スロットルによるホバリングの調整も簡単な点。おまけにボディが柔らかく、ぶつけたり、墜落させても壊れる心配はありません( ̄▽ ̄)

広い屋外でのびのび飛ばしてさらに驚いたのが、強風での安定性

おそらく防水用のボディ形状がそうさせるのか、風がボディ外面を流れ、風をいなす形になるので、傾斜角を変えると、するり~と風をすり抜けるがごとく、向かい風でも戻ってこれるのかよ!!(゚Д゚;)とびっくり

防水で水に落としても大丈夫、雨に当たっても大丈夫!という点がまさかの「風をいなす」という飛行の安定性にまで影響してるとは思いませんでした(笑)

そして、このドローンに興味を持った最大のポイント「高速旋回」

あれはもう、見てる側が楽しむ、見てる人を楽しませるパフォーマンス的な動きですね。360度のワンキーフリップというのは、もはやどのトイクワッドでも備わっているため、珍しい機能ではありませんが、この高速旋回は、おそらくJJRC H31のみです

この高速旋回自体でもブーメランのように飛んでいく訳ですが、旋回しながらちょっと前進の傾斜にすると、竜巻の渦のような動きに変わります。さらにその状態でワンキーフリップを加えると、ムーンサルトのような宙返りもできちゃうので、ど派手なパフォーマンスでギャラリーを楽しませたい人にはいいかもね

防水だから突然雨が降ってきても大丈夫だし、カメラもついてないし、ぶつけても怪我しないから、夏のアウトドア、キャンプや海なんかに最適なトイクワッドコプターです。おまけにお手頃価格の約3000円ときたもんだ!大人もばっちり楽しめるので親子(兄弟分もまとめて)でゲットをおすすめ!

※防水の下りは製品ページの公式動画を見ればわかります

JJRC H31梱包内容

JJRC H31 梱包内容

  • H31本体
  • 送信機
  • 説明書(中国語)
  • プロペラガード
  • 予備プロペラ/ドライバー
  • サングラス(夏仕様向け?)

操作画面の表示はmode1と出っ放しだけど、モード2で操作という、その辺は突っ込んだら負け!な感じが中華な所ですが、それを理解して操作すれば普通のmode2操作のトイクワッドコプター

ジャイロリセットはレバー左右を右下固定で正面ランプが点灯。速度切替はLボタンで低速/中速/高速の三段階切替。高速時に旋回速度が格段に速くなるため操縦注意(ここがH31のおもしろい所だけどw)

Rボタンを押してから右レバーの上下左右の指定方向に360度フリップ。小回り高速旋回で高度もそんなに変わらず優秀です

飛行時間は、約6分ですが十分満足できる操作性を持ったトイクワッドコプターですね
予備バッテリーはサイズ的にこちらの機種のドローンと併用できます

JJRC H31 代替バッテリー

私が所有しているものだと、DM002、MJX X906T、HUBSAN H107Dのバッテリーコネクターとサイズ互換があり、使いまわしができましたが、基本的にH31用の予備バッテリーセットが販売されているので、そちらを手に入れるの確実です

>>あわせてお得:JJRC H31予備バッテリーはこちら

TOMTOPでは毎週木曜ドローンのセールやってます

TOMTOP ラジコンドローンセール割引情報 11月23日更新

TOMTOP ラジコンドローンセール割引情報 11月23日更新

11/23~12/31までの最新セールの割引クーポン情報。海外通販サイトのTOMTOPで販売されているラジコントイドローンのお買い得な安売り、割引セール情報一覧です。情報は頻繁に更新するのでブックマークを推奨します。毎週木曜日ラジコンセール(日本では19時です)…

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち

このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です


上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. この手のラジコンの防水機能なんですが、どうも、水に落ちてしばらくほっておくと動かなくなるので分解して確認してみたところ、ICにエポキシ樹脂か何かで足を防水加工しているだけです。
    水に濡れても誤動作しにくい機構なだけで防水ではないのです。まあ、防滴ですからねw
    淡水にちょっと落ちるくらいならいいのですが、半分くらい沈むと動かなくなり、沈没しますw
    モーターや基板そのもの、IC以外の電子部品、バッテリーの銅配線など、防水されていないので、ほおっておくと腐食します。
    雨や水がかかっても大丈夫くらいに思っていたほうがいいです。ドブ漬けして乾燥させずにほおっておいたら、動かなくなること必須ですww

    • のぶぶさん いらっしゃい

      このH31の防水性能に関しては多くの海外ユーザーが動画レビューで実際にリアルタイムに水没させて、そこから浮上、あるいは長時間つけてから乾燥させてからの飛行を公開しているので誇大広告ではないですよ。ただ、普通のトイドローンで楽しむ人は池や海にわざと落とすという事自体しないので、ちょっと水に落ちても沈まなければ3秒ルールでまた飛べるみたいなものとして考えておけばいいです(≧▽≦)

  2. トイドローンの中でも飛行性は抜群にいいです。大変スポーティに動きます。
    高度も目測ですが、100m以上行きます。ロストしないようにヘッドレスモード(mode2)にしておきます。
    また、上空でバッテリー切れや、通信が途切れても、ひっくりかえることなく、いわゆるオートローテーションのように羽が逆向きに回転し、一定の速度で落下してきます。落ちている最中に再度バインド(スロット上下)させれば、途中復帰も可能です。

    • のぶぶさん いらっしゃい

      スポーティな動作の抜群の性能は身をもって体感しました
      (∩´∀`)∩これはおもしろい

      ヘッドレスモードでも高度100m垂直に上げるには風あるとできませんね・・
      風強いと高速モードにしてカウンター当てなければ水平も保てませんから
      というかH31はGPSもないのでやらないほうがいい実験ですよ(;´・ω・)

      しかもバッテリー切れや通信切れで自然落下だと例え羽が逆向きで水平を維持しても
      100mも上げてれば操縦不能時間で確実に上空の風に流されロストすると思います

      トイドローンはまともに操縦が利くのはせいぜい50m圏内
      それ以上飛ばすなら風速や飛ばす立地環境選びが重要ですので
      H31でそういう遊び方は推奨できません

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
trigger trigger