アフィリエイトツールで生活満足

ガジェット、ドローン、ゲーム、ライフハック、ツールビジネス

JJRC H47 ELFIE PLUS 飛行レビュー 遂にトイの空撮も安定!

JJRC H47 ELFIE+を飛ばしてきました。遂にこの携帯サイズの折り畳みトイドローンでwifiも途切れず720p録画も綺麗だし、1280×720の写真もブレずに撮れるマシンが登場した!ドローンの技術の進化は速い・・

JJRC H47 ELFIE PLUS 飛行動画

JJRC H47 ELFIE PLUSを飛行してきたレビュー動画です。録画や写真の撮影精度も確認できます。この携帯ドローンタイプはJJRC H37系統の進化ですが、新しい操作性と様々な面が改良されているので特徴を以下にまとめます

H47 ELFIE PLUSの特徴

グリップコントローラー

従来のドローンのプロポとは違い、MODE2の左レバー操作(上昇/下降/左右旋回)が独立したグリップコントローラー。前後左右への移動はグリップの傾きで行うため、ドローンの操作に慣れている人ほど、最初は苦戦するかもしれません。ただ、慣れてくると空中でのドローンの状態の微調整がホントに楽で、これから写真を撮るぞ!という微調整に適した操作ですね。反面、気持ちよくびゅんびゅん飛ばすタイプではないです

高度維持(ホバリング)は優秀!

上昇/下降の手動によるスロットル出力は弱いですが、機体のAlitude holdによる上下の高度を調整するホバリングに関しては、はっきりいってまったくいじらなくても問題なし!そのため、前後左右、旋回によるカメラ向きの調整だけというお手軽感。風に対してグリップを傾けるくらいで水平安定も楽々です

WIFIカメラ性能が良すぎ

今回、もっとも驚いたのがカメラ性能が物凄く良くなっているという点。基本的に720pとか、WIFI FPVというくくりだけでは、今後は判断できないかもしれない・・と思わせるほど、このH47 ELFIEは、

WIFIが途切れない=映像が乱れない

録画した動画もまったくコマ落ちもなく、綺麗な映像として、1280×720pで保存されていたのに驚きです・・そして、それ以上に驚いたのが静止画の写真撮影性能

今まで空撮録画中に、静止画をキャプチャした場合、高確率で撮影した写真がブレブレになってましたが、このドローンはびっくりです(;゚Д゚)まじでブレずに保存されてました

この録画映像と保存された写真の出来を見て実感しました
遂に、トイドローンレベルで空撮が可能になったか・・と

これは、ちょっとした空撮アイテムとして便利です

h47

Original JJRC (JJR/C) H47 720P Camera WIFI FPV Drone Altitude Hold G-sensor Control Foldable RC Selfie Quadcopter with Two Extra Battries

8$割引クーポンコード:GI75
JPY:6238→5350円
RCmomentから購入

RC Moment 割引セールクーポン情報【10/22更新】

RC Moment 割引セールクーポン情報【10/22更新】

9/20~10/5まで割引セール開催中!RC Momentって知ってますか?家電やガジェットなどを扱わず、純粋にRC製品、トイメーカー製品を専門に扱う海外通販サイトのご紹介とピックアップ製品をご紹介…

H47 ELFIE PLUS 同梱内容

JJRC H47 ELFIE PLUS

  • 本体
  • 説明書
  • バッテリー3本
  • ラベンダー香りの芳香剤
  • スペアプロペラ/ドライバー
  • 専用収納ケース

何を置いても私がこのセットがお得!と感じるのは、予備バッテリーが2本付属した3本セットである事、そしてその予備バッテリーも収納するスペースが用意された持ち運び、収納用の専用ケースがある点です

専用収納ケース バッテリーケース

よく海外からドローンやラジコンを購入する人ならわかると思いますが、バッテリーはまとめて配送注文ができず、別注文という形で送料を別に取られてしまいます。基本的に予備バッテリーも買わないと満足に遊ぶ事ができないトイドローンにとって、3本が本体と同梱扱いでまとめて送られてくるというのは非常にありがたく、今後は他のドローンも専用ケース、予備バッテリーをまとめて販売してほしいと思ってしまうレベル

JJRC H47 ELFIE PLUSの改良点

ここからは、次回作、バージョンアップに臨むポイント

スマホとコントローラーを一体化させるガンコン型グリップ

ひとつH47に納得いかない点は、どうしてライトコントロールボタンがあるのに、撮影ボタンがないのか?という事

片手で直感的にドローンの位置を調整できるグリップコントローラーに対し、右手でアプリ画面を確認しながら、撮影ボタンを押さなければいけないため、両手操作から結局解放されていない。そのため、自撮りが売りのセルフィーなのにドローン操縦者はポーズを決めれない(笑)

そこで画面を確認するためのスマホをグリップコントローラーに一体化させる事で右手は自由になり、さらに、グリコンに撮影ボタンも取りつけてしまえば、右手はポージングに使える(ピース等)

理想のグリップコントローラー

総合すると、ガンコンのような形にして撮影ボタンをトリガーにする事で、より自撮りセルフィードローンとしての性能と撮影精度を高める事ができるので、ぜひ次のバージョンでは取りいれて欲しい所

これこそワンキーリターンが欲しい

飛行時間も短いため、この構図で撮りたい、この景色を空から取りたいという感じで、びゅんびゅん飛ばすというより、決めうち撮影に適しているため、撮影が終わったら速やかに手元に戻したい所。しかし、旋回したり、風に流されたりであわてて腕の角度を急激に曲げたりするだけで、簡単に風に乗って遠くへ飛んで行ってしまう危険性があるため、撮影後に即、離陸ポイントへ戻ってこれるようにワンキーリターンはあったほうがいいと思います

初見さんへ!他のカテゴリも見てね!

たぬきち
このブログがどんなブログか?トップページに戻ってみてください。個人的に気になるゲーム情報、PCガジェットレビュー、ライフハック情報、ラジコンホビー動画、旅行に料理、ビジネスに役立つソフトウェアの解説など、一言では語りきれない情報満載です

上部メニューから詳細なカテゴリを選択できます。ブログ更新、最新動画のアップはツイッターと連携してる他、たまに中の人がつぶやくのでフォローお願いします(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
trigger trigger